Review of B Train Shorty Cassiopeia EF510 + Series E26 Set

Shopping | Blog |  Site Map 
Model Train
Kapinozuka
Review of B Train Shorty Cassiopeia EF510 + Series E26 Set
This article has been written in Japanese.
We apologize for your inconvenience, and your for your understanding.

明けましておめでとうございます。
最近、毎週日曜18時半はサザエさんではなくジャンボーグAを見ているカピの塚です。
毎回先が読めない筋書にわくわくの30分。
君も一緒に、ジャン・ファイッ!


さて、いよいよ今月18日発売予定の、
Bトレインショーティー EF510+E26系カシオペア 初回限定版
のサンプルを、ひと足お先に組み立てましたので、
ご紹介いたしましょう。

<おことわり>
サンプル組み立て写真はあくまでも作例です。
実車と異なる仕様で組み立ててしまっている箇所や、
シールの貼り付け位置が間違ってものもあるかもしれませんので、
あくまでも参考としてとらえてください。

Bトレサンプルのカシオペア
AセットBセットを各1セットずつストレートに組み立てて、
カシオペア1編成を仕立てるとこのような長さになります。


まず箱の中身を見てみましょう!

Bトレサンプルのカシオペア
Aセットの中身。1両分ずつ小分けにされている。

2両セットのBトレは、ボディ関係の袋とシャーシ関係の袋に分けて入れられていますが、
カシオペアではこのように、1両分ずつ必要なランナーとパーツにまとめられています。

Bトレサンプルのカシオペア
Bセットの中身。青い部品の袋はEF510、赤い部品の袋はEF81北斗星色。

Bセットも同様に小袋に分けられています。
1袋ずつ組み立てていけば部品を探す手間も省け、
スムーズに組み立て作業ができます。


Bトレサンプルのカシオペア
▲左から、EF81カシオペア色、EF510カシオペア色、EF510北斗星色、EF81北斗星色

AセットBセットを各1セットずつ買うと、
初回限定版のみに付属するEF81を含め、4両の電気機関車が手に入れられます。

Bトレサンプルのカシオペア
▲EF510カシオペア色

ピンボケ写真になってしまいましたが、
EF510カシオペア色です。
メタリックのボディで客車とデザインを統一しています。

Bトレサンプルのカシオペア
▲EF81カシオペア色

Aセット初回限定版に特典として入るEF81カシオペア色です。
特徴をよく掴んだディフォルメでかわいい!
このカラフルな塗装も模型映えしますね。

Bトレサンプルのカシオペア
▲EF510北斗星色

EF510北斗星色です。この北斗星色もカシオペアの牽引を担当しています。
カシオペア色とはヘッドライトの色差しが異なるようです。

Bトレサンプルのカシオペア
▲EF81北斗星色

Bセットの初回限定版に特典として入るEF81北斗星色。
通称「星釜」と呼ばれる赤い車体に流れ星のデザインになっています。

番号は81号機(元お召機)にしました。
正面パーツを見ると手すりに銀の色差しがなされていたので、81号機ですよね?
しかし、81号機は営業運転でのカシオペアの牽引はやったのでしょうか?
(試運転の時のみ牽引したようですが)

なお、ヘッドマークもシールに収録されています。
EF81の袋にヘッドマーク台座(と思われるパーツ)が2個ずつ入っていましたので、
これにトレインマークを貼り付けた上で、前面に両面テープで取り付けています。


それでは客車のほうも見ていきましょう。

Bトレサンプルのカシオペア
▲スロネフE26-1

Bトレサンプルのカシオペア
▲スロネE27-402

Bトレサンプルのカシオペア
▲スロネE27-402

どの客車もカシオペア特有のポイントを押さえています。
豪華寝台特急の風格はBトレになってもちゃんと再現されています。

部品の合いは問題ありませんでしたので、
組み立てで苦戦するところは少ないと思います。
客車はいずれも前後左右非対称の車体なので、
パーツの向きを間違えて取り付けてしまうというのは起きにくいかと。
ただし、妻板については前後をお間違えないように。

また、カハフとスロネフは、ボディとシャーシを合体させたあと、
一番最後に展望窓のある正面パーツを取り付けます。

機関車、客車ともに、サンプル組み立て写真は商品ページに掲載してありますので、
この続きはAセットBセット各ページをご覧ください。


Aセットは1~5号車、Bセットは8~12号車の客車が入ります。
各1セットずつの購入だと6号車(スロネE27-302)と7号車(スロネE27-202)が不足するため、
そのままではフル編成にはなりません。
もしフル編成で再現を目指す方は、Bセットを2個買って、
6号車と7号車にあたる車両を組み立てると良いでしょう。
(その代わりに余る車両がでてしまいますが)


Bトレインショーティー EF510+E26系カシオペア 初回限定版は、
1月18日頃発売予定です。まだまだご予約受付中です。

北斗星の機関車が手に入ると、北斗星の客車も欲しくなりそうですね。
いつか北斗星客車もBトレになる日も来るのでしょうか。
何年か前にトワイライトエクスプレスもBトレになったことですし、
バンダイさん、よろしくお願いしますよ!(個人的なお願い)


おまけ

Bトレの大江戸線

昨年12月に、都営大江戸線の12-000形のBトレが事業者限定品として発売されました。
一応ホビーサーチは大江戸線沿線ですので、せっかくですから買ってみました!(もちろん自費)

Bトレの大江戸線

初期車です。
正面パーツは連結器カバーつき(写真)と、
連結器出しっぱなしの2種類から、
台車レリーフも初期車特有の小型のもの(写真)と
3次車と同じものの2種類から選べます。

シールの貼り付け位置はこれで合ってるのか心配です。
戸袋位置に貼るものが多いので、ディフォルメされている都合上、
自分なりにアレンジしないといけないようです。

車番が裾と戸袋の上下2箇所に貼られているのは、
ホームドア設置工事の関係だと思います。

Bトレの大江戸線

3次車です。
色の違いだけでなく、正面パーツの形状が異なります。
屋根板先端に正面の行先方向幕とテールライトが彫刻されていますが、
後期車に取り付けた場合、奥まったように見える位置になるので、
気になる方は改造したほうが良いかもしれません。

Bトレの大江戸線
Bトレの大江戸線

2個ずつ買って実物の半分の4両編成にしました。
ドローバーで連結したところ、KATOユニトラック直線線路248mm(1本)にギリギリ収まりました。

12-000形の電動車ユニットの構成を考えると、
4両でまとめるなら1・2・7・8号車にするのが無難でしょうか。

実車はミニサイズの車両なので、それを再現するべく、
一般的なBトレよりも車高が低くなるように、
車体幅も狭めになるように設計になっています。
部品の合いも良く、小さいながらよくできているなぁと思いました。
ディテールで気になる部分もあるかもしれませんが、
印象把握はばっちりだと思います。

Bトレでここまでできたのですから、
将来Nゲージ鉄道模型の発売を計画するメーカーにとって、
ハードルが上がったと言っても過言ではないかもしれません。


12-000形のBトレは、都営地下鉄の主要16駅の事務室で販売されています(→詳細)。
都営地下鉄では初めてのBトレですので、お近くの方はぜひ。


おまけ・2

Bトレサンプルのカシオペア

トメ子(金曜担当)のお気に入りの図。

カシオペアが大変なことに…。







それでは、今年もよろしくお願いします。

担当:カピの塚@グロース星人よりナオキさんとPATの熊井隊員のほうが心配です。





【関連記事】
忙しい人のためのBトレインショーティー組み立て方講座 (2009/08/06)
BトレインショーティーE231系総武線レビュー (2009/08/06)
【秋の夜長に】スーパー初心者がBトレ作るよ!【プラモデル】 (2010/10/12)
Customer Evaluation
Customer's Evaluation
Rating 3.57.
7 customers have submitted their Ratings.  
Blogs related to Kapinozuka
The 17th International Railway Model Convention Easy Report
Please feel the nostalgia of Japanese old railway fans with plastic kit of oldtimer passenger cars!
Miyazawa Models Product Expo [α-model]
Report on TOMYTEC Product Explanation Exhibit for Retailers Summer 2011 (TOMIX part 3/3)