Talking about biplane

Shopping | Blog |  Site Map 
Plastic Model
Tomeko
Talking about biplane
This article has been written in Japanese.
We apologize for your inconvenience, and your for your understanding.

出先で頂いたナントカという名のハーブティーが
歯磨き粉の味にしか思えなかったトメ子です、ごきげんよう。

私は緑茶でいい……。


閑話休題。

飛行機のキットと言えば、零戦やらラプターやら、
第二次世界大戦期以降のものがメジャーだと思います。


が。
飛行機が誕生した当時は翼を複数枚重ねた複葉機がメインでした。

そんなわけで今日は複葉機を扱うプラモメーカー、
ウィングナットウィングスさんのキットについて紹介しましょう。


●フォッカー D.VII F
ドイツ帝国最強の航空機


飛行機が誕生した当初。
非力なエンジンで揚力を確保するには大きな翼が必要でした。
しかし、当時使われていた材質は布と木が主で、
翼を大きくすると今度は強度不足に陥るという難点がありました。

その解決法として翼を二重・三重に設計する=複葉機が誕生したのです。


さてさて。
こちらのフォッカーD.VIIは、ドイツ・フォッカー社製の名作戦闘機です。
運動性能が極めて高く、連合軍側の戦闘機を圧倒したことで知られます。


連合軍が脅威に感じていたエピソードとして、ドイツ帝国の敗戦後、

可動状態にあるフォッカーD.VII全機を引き渡す

よう、要求したというものがあります。
そんなフォッカーD.VIIと渡り合えた連合軍側の機体として


●ソッピース・スナイプ (前期型)
世界初の空軍は


●ソッピース・スナイプ (後期型)
イギリスにて誕生しました



が挙げられます。
イギリス軍新鋭戦闘機で、ソッピース・キャメルの後継機にあたります。
ソッピース社は動物の名前をつけることで知られ、
「パップ(子犬)」「キャメル(らくだ)」あたりは特に有名です。

他、「ドラゴン」「ドルフィン」「サラマンダー」「ブルドッグ」
「バッファロー」「クックー(カッコウ?)」等も御座います。

……動物園みたいですね。
ちなみにスナイプは狙撃の意味にも取れますが、
「鴫」という鳥の英名でもあります。

こちらのスナイプ、
第一次大戦末期に作られた機体で、実戦で活躍した期間は短かったものの、
D.VIIの60機編隊と僅か1機で交戦する等、イカした伝説を残す飛行機です。


●英 ソッピース・パップ RNAS
RNASとはイギリス海軍航空隊の略で、空軍が無かった頃は陸海軍の指揮下にありました


こちらも同ソッピース社製の飛行機です。
そもそもはスカウトという名称だったものの、外見が小型だったことから
パップ(子犬)という愛称で呼ばれるようになり、
以降、動物の名前を機体名にするという習慣が始まったとか。

エンジンの馬力や武装は貧弱なものの、機動性の高さと操縦の容易さから
戦闘機として十分な活躍を見せ、
レッドバロンの異名で知られる撃墜王・リヒトホーフェンも
その性能を高く評価しています。

後に戦線からは引退するものの、優秀な練習機として愛され続け、
艦上戦闘機の運用やカタパルト発進などの研究にも使われました。



と、航空戦力の黎明期に活躍した複葉機ですが、
エンジンの進化や金属製翼の実用化に伴い、その姿を消していくことになります。

金属や強化ガラス、複雑な電子計器類に囲まれた最新の機体も悪くありませんが、
風を感じられる飛行機にも夢があるじゃない、という方にオススメのキットです。
翼間支柱や張線など、レシプロ機やジェット機とは異なる構造をお楽しみ下さい!


そんなこんなで本日はこれにて!
来週もホビーサーチをよろしくお願いします。


担当:トメ子@かふんがふんがふんが
Customer Evaluation
Customer's Evaluation
Rate this entry
Blogs related to Tomeko
Miyazawa Model Exhibition Spring 2014 Report [part 1]
Recent recommended items and a little something extra
はぐれメタルになりたい。
Miyazawa Model Exhibition Report vol.2