Pacific Rim / 7 inch Action Figure Ultimate Ultra Deluxe Bladed Head Mutavore

Shopping | Blog |  Site Map 
Anime Robot/SFX
Mississippi
Pacific Rim / 7 inch Action Figure Ultimate Ultra Deluxe Bladed Head Mutavore
パシフィック・リム ブレードヘッド 製品レビュー

This article has been written in Japanese.
We apologize for your inconvenience, and your for your understanding.









はい
火曜深夜ならパシフィック・ヒム派

みししっぴです☆



初回 中村静香回のインパクト

最近はドS設楽のクイズも面白いところ・・・







今回はそんなバカなとは直接関係ない
本家パシフィック・リムからあのカイジュウが・・・


















製品サンプルで、レビューしていきたいと思います






なんかアメトイ系のフィギュアとかドールとかは、裏から針金で固定されてるのが多いイメージ








そして開封!



背中のヒレっぽいブレードとスタンドは別パーツになってます





大きさ比較

結構大きめなサイズです



ちなみにパシフィック・リム
先輩に借りて昨日見たばっかです



パシフィック・リム見たことない人のために簡単に紹介すると・・・


太平洋の底に異世界に繋がる裂け目ができて、そこからカイジュウが襲ってきた
それを倒すために作られたのがイェーガーというのロボット

人類VSカイジュウ 生き残るのはどちらだ・・・



的な映画です


(我ながら、本当に下手な紹介だと思う)
(´・_・`)


でもめちゃくちゃ面白いんで、ロボや怪獣系が好きな方はホントにオススメです

海での戦闘の水のCGがスゴかったです







ブレードヘッドと言うだけあって、全体的に刃物のようで、スマートながらも禍々しいデザイン


防護壁を簡単に壊すような鋭さを感じます



劇中のように前傾姿勢なのですが、スタンドがないと・・・







ちょっと重力に負けちゃいます


でもスタンドはクリアカラーなので、そんなに目立ちません






そして頭部





口の中もしっかり造形されています





首も根本がボールジョイント
頭の方も左右に動くので、しっかりとアクションさせることができます





首は360゚回転しちゃいます





腕は・・・





腕の可動域はかなり広め



ビル破壊など、いろんなアクションができます






内側の腕も結構ガシガシ動きます






そして鮫を更に禍々しくさせたような背びれ





劇中でも見れないお腹側の造形まで・・・こだわりと作品愛を感じます



『西洋のモンスターは生物学的だが、日本の怪獣は生物学にとらわれないデザインをしている。
パシフィック・リムのカイジュウは日本の怪獣をイメージした』



のとおり、生物学からかけ離れた独特なフォルムながら美しさを感じます








脚や尻尾など、劇中ではゆっくり見れない部分も、しっかり見ることができます






劇中のカイジュウの中では、個人的にこのブレードヘッドがお気に入りです



映画だとたった1,2分の出番ですが、シドニーでのシーンはかなり印象深いです


全体的に夜や海底のシーンなど暗めのシーンでの戦闘が多かったんで、明るい時間の戦闘は記憶に残りますね










劇中をイメージするなら・・・






ストライカー・エウレカとシドニーで戦わせたいところですが・・・



売り切れ






ですので
パシフィック・リムの関連商品を紹介します






同じネカさんの7インチアクションフィギュアシリーズのアルティメット ジプシー・デンジャーです


胸部にLEDを内蔵し、劇中の様々なシーンを再現できます


最近のロボットって高速移動が多いけど、イェーガーみたいに重みのある動きもいいですよね







こちらはエクスプラスさんのレザーバック


このパワー感ですよ


そしてパワーだけじゃなく、電磁波を発生させてイェーガーを行動不能にさせる知力

パワーと知力を兼ね備えてるとこがいいですよね

カイジュウ側も進化してるんだな・・・と









そして今回紹介したブレードヘッド







このように劇中のワンシーンを再現しても・・・






以上です











パシフィック・リム スゴい大事なシーンなのに、背景の

『萌&健太 ビデオ』

の謎の看板の方に目が行っちゃうアレ




撮影・担当:みししっぴ

Customer Evaluation
Customer's Evaluation
Rating 3.
5 customers have submitted their Ratings.  
Blogs related to Mississippi
[Kantai Collection] 1/7 Shigure: Casual Ver. / Nendoroid Kiyoshimo Photo Review
figma Miyo Asato Review
figma Osomatsu-san Review
Mega Hobby Expo 2016 -Autumn- Part 1