★ホビーサーチブログに紹介記事がございます!

●海竹谷隆之自在置物をリスペクト!

●新ブランドKT Projectは日本の伝統工芸から始まる。
●「タケヤ式自在置物」の第二弾は、現代に残った戦国甲冑の漆塗装を彷彿させる塗装が施された「麒麟 着彩版」。
●朱、緑、金色の鮮やかながら彩度を抑えた淡い配色により、鉄の上に施された塗装が長い年月によって風化したような、味わいのある雰囲気に仕上がっています。
●自在置物として大きなポイントとなる可動は、素材やジョイントを工夫することで最大限の可動を実現、付属の飾り台を使用することで、後ろ脚二本で立った「いななき」のポーズでディスプレイする事も可能です。

●可動部位全31個所
●リボルバージョイント使用数全27個:10mmジョイント×10、8mmジョイント×8、6mmジョイント×4、4mmジョイント×2、8mm EXSジョイント×3

●オプションパーツ:眼球可動用ニードル×1、拡張用パーツ大×1、拡張用パーツ小×1、飾り台×1