●宮本武蔵の二天一流、新撰組・沖田総司の「天然理心流」、丸目長恵の「タイ捨流」-。日本史にその名を刻んだ剣豪たちが繰り出した、流派の型が技の種類、創始からの系譜などを、イラストを交えて解説。さらに黒田官兵衛の「名物 日光一文字」や土方歳三の「和泉守兼定」などの名刀も紹介。今なお畏怖される剣豪と、ともに激動の時代を駆け抜けた名刀の魅力に迫る。

●238ページ