●帰ってきたArtistic Monsters Collection!(AMC)

●約半世紀、日本の伝統工芸と言っても過言ではないにソフビ(ソフトビニール)。
●今から15年前、CCPでシリーズ化したディフォルメ怪獣によるアーティスティック・モンスターズ・コレクション(AMC)。
●それまでのソフビ怪獣とは何が違うのか?
●当時の怪獣はシンメトリーのフォルムで手足が動くことが大前提で製作されていたソフビ怪獣をAMCのヘドラは足が動かない、首も動かない。
●そして形は左右非対称。
●更にドール人形に使うドールアイも使用。
●その当時まだ「デザイナーズトイ」というようなカテゴリーもなく、いきなりこのヘドラ上陸期が世に出た時は衝撃が走った。
●特に国内の欧米系外国人に刺さりファンが急増。今回、装いも新たに当時マルサン商会から発売された初代ゴジラやガラモン第一期でも馴染みが深い濃紺の成形色、「通称ゴジラブルー」を記章とした成形材料を使用。
●絶妙な濃紺と燃えるようなバーニングカラーにて帰ってきた。

●サイズ:約19.5cm
●素材:ソフビ製(PVC)、ABS、アクリル
●仕様:彩色済み完成品、PPヘッダー入り