●改鈴谷型重巡洋艦「伊吹」は1/700スケールインジェクションキットに初登場!
●重巡として進水しながらも、計画変更によって建造中に航空母艦となった幻の巡洋艦を専用部品起用で製品化。
●製品は改鈴谷型1番艦「伊吹」が戦時に重巡洋艦として完成した場合の姿をモチーフにしています。
●最上型とは異なる艤装
●雷装と特徴的な部分を専用部品で用意。

【艦隊構造】
●最上型後期艦「鈴谷
●熊野」と同様の断面形状をした艦隊パーツを用意。戦訓による舷窓を閉鎖した姿で再現。

【艦橋/前部マスト】
●前部マストには21号電探1基/22号電探2基およびE27逆探を装備した姿。特に22号電探は極小サイズながらリアルな造形。
●艦橋窓はよりリアルに仕上げられる透明パーツで用意。
●艦橋両舷に設置された高射装置は九四式高射装置としています(最上型は九一式高射装置を装備)●防空指揮所、および羅針艦橋の床面には繊細なグレーチング敷きを彫刻表現。
●防空指揮所には取り付けるだけで精密感増す双眼望遠鏡パーツが付属。

【後部マスト/クレーン/爆雷兵装】
●後部マストは4番砲塔直前に装備される専用パーツで水偵揚収用クレーン、13号電探が鈴谷とは逆位置の専用パーツ。
●艦尾には対潜兵装として爆雷投下軌条と爆雷を専用部品で起用、付属。

【シェルター甲板/航空作業甲板】
●魚雷発射管は初期計画で装備予定だった4連装とし、新規金型による専用パーツで再現。
●魚雷発射管は首尾線に沿った平常状態、旋回した発射状態と任意の角度にとりつけることが可能。

【艦載機】
●作業性向上(ゲートカット時の破損防止)のため成型色はグレーとしています。
●大戦末期の艦載水偵として登場した「瑞雲」が3機付属します。

●特シリーズは1/700スケール、喫水線上を再現した洋上モデルです。
●詳細な部品分割と繊細な彫刻表現により優れたディテール再現性を持つ艦船模型です。
※この商品は日本製です。
※この商品は、組み立てが必要なプラモデルキットです。