【特集】
●ステーションワゴンを忘れてはいないか?

 ―1990年代初頭に日本に到来したステーションワゴン・ブーム。
  もともとステーションワゴン自体は日本車の
  ボディ・バリエーションに古くから存在したが、
  セダンのボディ後半を箱型に変更した2BOX型ボディは、
  荷物を運ぶために商用車として登録されたライトバンとして
  馴染み深かったこともあり、プライベートユースよりも
  ビジネスユース色が強かった。しかし、日本ではスバル起死回生の一作、
  レガシィのツーリングワゴンが大ヒットし、
  走りの良さを追求したスポーツワゴンの魅力が
  幅広く認知されたことが起爆剤となってブームが到来した。
  ここでは、そんなステーションワゴンの存在意義に
  今一度スポットライトを当てて、
  往時のステーションワゴン・ブームや名車、
  さらにはその生みの親とも言えるライトバンをモチーフとした
  作品たちを集めてみた。


◆第59回静岡ホビーショー
  最速レポート[全編ダイジェスト版]

◆ステーションワゴンのミニカー大集結

◆注目のプラモデル・今月の1台
  ミノルタ スープラ ターボ A70〔ハセガワ〕

◆童友どうでしょう?

◆国際貿易 新作レビュー

◆2021 LATEST MINIATURE CAR REVIEW

◆コスパ最強の1/18、ソリドに注目せよ!


…ほか