【実車について】
●第二次大戦の傑作戦車の一つとして知られるのがソビエトのT-34です。
●1940年から生産が開始され、戦後も共産圏各国で長く使用されています。
●避弾経始に優れた傾斜装甲を採用した車体デザインは独ソ戦で出会ったドイツ軍を驚かせ、その後開発されたパンター戦車の開発にも影響を与えたといわれています。
●長年の生産にあたり、随時改良がくわえられたT-34は実戦で鍛えられて、最強戦車の一つへと成長していったのです。
●1943年型はスペースの不足を指摘されていた砲塔を新規開発。
●第520設計局が開発した砲塔は六角砲塔と呼ばれる六角形の背の高い砲塔でした。
●さらに、同年の春以降生産の車両には砲塔の上に車長用キューポラも装備され、使い勝手がさらに高まったのです。
●生産は多くの工場が使用され、ハリコフのNo.183工場でも数多くが生産されました。

【モデルについて】
●モデルはT-34/76の1943年型を1/35スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
●新規開発され、内部スペースを拡大した六角形砲塔の形をスライド金型を使って表面の質感までしっかりと再現しています。
●砲塔は中でも車長用のキューポラを装備したタイプをモデル化。
●キューポラのハッチは開閉を選択して組み立て可能でキューポラ内部もリアルに再現しています。
●車体下部はスライド金型を使った一体パーツ。
●サスペンションアームなどは別パーツで立体感ある仕上がり。
●履帯はリアルな仕上がりのマジックトラックを採用しています。
●車体上部のエンジンデッキルーバーにはシャープなディテールが楽しめるエッチングパーツも用意。
●ソビエトの主力戦車、T-34/76のラインアップに欠かせない1台です。

【主な特徴】
●1/35でソビエトの傑作戦車、T-34/76の1943年型を再現
●キューポラ付きタイプの砲塔を新規金型で忠実にモデル化
●コマンダーズキューポラなしのタイプも再現できる砲塔天面パネルもボーナスパーツでセット
●履帯はリアルな仕上がりのマジックトラックを採用
●砲身はスライド金型で再現