●「RM Re-Library」シリーズ18巻目は、RMライブラリー第121・122巻から、「国鉄コンテナのすべて(上・下)」(吉岡心平 著)の合本です。
●初版発売の2009(平成21)年当時、国鉄5トンコンテナは誕生から50年を迎えていました。
●本書はJR発足から20年を経て、その歴史を記録した内容とし、国鉄5トン、10トンコンテナの全形式を通覧しています。
●前編では5トンコンテナの誕生から1972(昭和47)年まで製作された一種規格の有蓋・冷蔵コンテナと、全ての通風コンテナについて解説しています。
●また、後編ではバラエティに富んだホッパ・タンクコンテナを皮切りに、1971(昭和46)年以降の標準型となった二種規格コンテナ、そして10トン積の三種規格コンテナを解説し、フレキシバンコンテナを最後として「国鉄コンテナのすべて」を締めくくっています。