●8輪装甲車を金属パーツでリアルに仕上げる!!

【実車について】
●第二次世界大戦で機動力を重視したドイツ軍は数多くの装輪装甲車も開発しました。そのひとつがSd.Kfz.234/4パックワーゲンです。
●悪路での走破性を求めた車体は8輪駆動8輪独立懸架8輪操舵の凝ったメカニズムを持っていました。
●エンジンはV型12気筒の空冷ディーゼルエンジンを搭載。最高速度は80km/hを発揮しました。
●8輪装甲車の走行性を生かしてバリエーションタイプがいくつか開発されましたが、Sd.Kfz.234/4パックワーゲンもそのひとつでした。
●車体にはドイツ軍の傑作対戦車砲として知られる7.5cmのPak40を搭載。
●短砲身の7.5cm榴弾砲を搭載したSd,Kfz.234/3の生産終了後から89両が生産されたと言われています。

【モデルについて】
●モデルは第二次大戦におけるドイツ軍のユニークな装甲偵察車、Sd.Kfz.234のバリエーションタイプのひとつSd.Kfz.234/4パックワーゲンを1/35スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
●このセットでは長砲身7.5cm砲の砲身にアルミ削り出しパーツを用意するほか、マズルブレーキは3Dプリントパーツで形状を一体で正確にモデル化。さらに、金属の車幅表示ポールパーツをセットするなどした豪華仕様です。
●もちろん、従来のキットでも高い評価を集めている車体形状の再現やオープントップの戦闘室のディテール、車体下部のメカニカルな足周りの再現などはそのまま。金属パーツなどでいっそう仕上がりを高めます。
●タイヤは2タイプのトレッドパターンのパーツを用意。加えて、タイヤのステアリングも可能。リンケージなどが連動するリアルな再現が可能です。
●車体形状も独特なスタイルを正確にモデル化。
●特徴的なメカニズムを持つ8輪装甲車の足周りをはじめ、オープントップの車体に搭載された7.5cmPak40も詳細に再現され、リアリティも十分です。
●仕上がり全長約19cm。
●ミリタリーモデラーには見逃せない1台でしょう。

【主な特徴】
●1/35スケールで第二次大戦のドイツ軍装甲車、Sd.Kfz.234/4パックワーゲンを再現
●砲身はアルミ削り出しパーツでマズルブレーキは3Dプリントパーツ
●金属製車幅表示ポールパーツ付属
●トレッドパターンの異なる2種類のタイヤパーツをセット
●タイヤはステアリング可能