●1974年9月より運用されたF-14Aトムキャットは、1990年代に入り推力の大きいF110-GE-400エンジンを搭載し火器管制装置などを更新したF-14Bが登場します。
●外径的な識別点としてエンジンノズルの形状変更が挙げられます。
●F-14Bはおもに大西洋・地中海方面の空母航空団に配備されました。
●第143戦闘飛行隊(VF-143)は垂直尾翼に描かれた、大きな翼を持つ豹が特徴的な飛行隊ですが、その愛称「ピューキンドッグス」は低俗的な表現ではありますが、現在は戦闘攻撃飛行隊となりこのマークを引き継いだVFA-143でも公式な部隊名としています。
●A型とは異なるB/D型用のエンジンノズルパーツを封入し、A型との違いを精密に再現します。