【コープケージ装甲】
●2021年頃から、砲塔の上に格子状の装甲(スラット装甲)を装備したロシア戦車が登場するようになります。
●金網の傘とも見える追加装甲は「コープケージ装甲」「鳥かご装甲」と呼称されました。
●当初はジャベリンなどによる上空からの攻撃(トップアタック)を想定されたものと見られていましたが、実際には対戦車ミサイルの攻撃に対する効果は薄いものでした。
●後にイスラエルの戦車でもこの鳥かご装甲を装備する戦車が登場します。
●これはトップアタックではなく、ドローンによる攻撃を見据えたものとされます。

【製品仕様】
●全長:267mm 全幅:114mm 全高:122mm(装甲含)
●エッチングパーツ付属
●乗員ハッチは開閉選択式
●ライト、ペリスコープ、光学照準器は
●-クリアパーツを使用
●履帯は可動式履帯