MENG Model(メンモデル)の新作、AUF1 155mm 自走榴弾砲登場!

ショッピング | ブログ |  サイトマップ 
プラモデル
トメ子
MENG Model(メンモデル)の新作、AUF1 155mm 自走榴弾砲登場!
自分で殴り書いておきながら、
縦書きの「台車」と「くつ下」という文字を読み違えたトメ子です。ごきげんよう。

どれだけ字が汚いんだ私は……。


そんな前置きはさて置き、本日ご紹介するのはこちら!

●フランス軍 AUF1 155mm 自走榴弾砲
あったまでっかでーか


不思議なラインナップがウリの
MENG Model(メンモデル)さんから新作が登場です。

AUF1と呼ばれるこの自走榴弾砲は、1960年末に開発が始まり
1972年に試作機が登場。79年に実戦配備が始まり、未だ現役で活躍中の車両です。

車体はAMX-30というフランス陸軍の主力戦車から流用されています。


※下はMENG ModelさんのAMX-30Bです。参考までに。

●フランス AMX-30B 主力戦車
キット的にはある程度流用しているのかな、なんて


古くなった機体を一部使いまわすというのはよくある話


話は戻りますが、このAUF1は実を言うとAMX-30のみならず、
M1エイブラムスやチャレンジャー1/2、T-72等、
現存する主力戦車の車体を流用することが可能です。

開発、配備開始時期が70年代なので、
冷戦や中東戦争を念頭に置いた設計なのかなと勝手に推測しております。


いっぱい詰まった頭なんだ

主砲となる39口径155mm榴弾砲の豪快さを差し引いても、
ちょっと頭でっかちに見えますね。

実は各種車体の流用を可能とした反面、
走行系統以外を砲塔に詰め込んでしまった為、砲塔が大きくなっております。


自動装填装置も搭載

後ろから。
ハッチから見える内部構造もしっかり再現しております。
ぎっちり砲弾が詰め込まれているのを見ると、ワクワクが止まりません。


おしりぷりぷり(何)

斜め上後方から見た車体。

※下はAMX-30Bです
こっちもぷりぷり

似ているようで、微妙に違います。
AMX-30Bと作り比べてみるのも楽しそうですね。


戦車の中は基本、狭い

天井側から覗いてみました。構造が丸わかりです。
どうやって乗り込むのか考えると、夢が広がりますね。


煙草吸っただけで爆発するとかは無いと思いますが

ずらりと並んだ砲弾たち。
弾薬庫っていいですよね。夢と浪漫、そして事故の予感が満載です。


むしろエアブラシが欲しい…

組み立て時に役立つ工具も付属予定です。
これは履帯の塗装でしょうか。残念ながら、エアブラシは付属しません。


エッチングもあります

発売は2月下旬との事です。
ランナーを眺めて、期待を膨らませましょう。


と、駆け足気味で恐縮ですが、

●フランス軍 AUF1 155mm 自走榴弾砲
マインローラー付メルカバも予約受付中です


のご紹介でした!
メンモデルさんはプラモメーカーの中でも新しいブランドですが、
機体のチョイスが本当に渋いですね。

キット自体のクオリティも中々のようで、ある程度の調整ができる方なら
満足のいくものができるようです。
(まるまる初心者という方には厳しそうですが)


そんなこんなで本日はこれにて!
来週もホビーサーチをよろしくお願いします。


担当:トメ子@世界樹が楽しすぎてサントラまで買ってしまった…























***こっそりコメント返し***
「1/4スケールプレデターがやってきました」より
>白昼堂々とプレデターが見れる日が来るとは驚きです!こんな感じだったのですね…AVPが懐かしいです(遠い目
>それはそうとトメ姐さん、先日ファンタジーライフ買ってませんでした?(笑)
>それと、ガバスさんに「落ちた物は3秒までとあれ程言っておいたのに!」とお伝え下さい(笑)
>と、冗談はさておき、お大事に!

コメントありがとうございます!
プレデターをアップで眺めていると、シーフードを彷彿とします。私だけでしょうか。
AVP版が出たら、同スケールのエイリアンも立体化されるのかしらと妄想しております。
どうせなら怪獣大決戦よろしく、ズギャーン!と戦わせてみたいですね。ズギャーン!と。

ファンタジーライフは年末に買って、正月にガリガリ進めておりました。
全職業「えいゆう」or「でんせつ」まで上げたので休止中です。
振り返ると、ゲームの中だけリア充という現実が……。

ガバスですが、昨日からひょろひょろと出社しております。お気遣い有難うございます。
彼は武装神姫か美少女フィギュアを与えればツヤツヤになるので、多分大丈夫です!
ユーザー評価
ユーザー評価
この記事の評価は4.25です。
現在16名がこの記事を評価しています。