アストレイ ブルーフレーム セカンドL (HG)、組み立てました。

ショッピング | ブログ |  サイトマップ 
ガンプラ他
アストレイ ブルーフレーム セカンドL (HG)、組み立てました。
こんにちは、プラモ大好きハルサメです。



でも、今回組み立てたのはとみのんです。
本日ハルサメはあくまで文章担当です。
組み立てたとみのんそっちのけでペラペラ語ります。
ぺらぺーらぺらぺら、ぺーらぺらぺら。


というわけでタイトル通り
ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンドL (HG)」を組み立て(てもらい)ました。





じゃじゃーん!
格好いいですよね。
アストレイ系はなぜだか老若男女に受け入れられるデザインです。




この姿になるまで、長い道のりでした・・・






そう、プラモデルはまずパーツを箱から出さないと作れないのです!
基本中の基本、ですね。








ランナーだけ見ていて満足する自分がいないこともありません。
「人類の英知」とか「文化の極み」とか考えながら眺めると、
ランナーからノスタルジックな雰囲気を感じ取ることができます。
皆様ぜひ体感してみてください。




シールです。









複雑な形状の胸部ユニットですが、
このように精密でいて作りやすい構成になっています。





頭です。





胸から上ができました。
これだけでも「胸像」として飾れそうですね。
ガンプラをひたすら「胸像」として作るのも面白そうですね。










腕部です。
プラモ初心者であっても、
説明書通りに順々に組み立てればきちんと
組み上がるのです。












脚から一気に腰まで作ります。
SEED熱が世界的に再燃している今、
アストレイはいつ作るの?
今でしょ。






そして基本部分が完成しました。
自分で作ったものがきちんと地に足を着けて立っていると、
気持ちいいですよね。
(でも作ったのはとみのんです)








そしてタクティカルアームズです。
これがウリですね。
格好いいですよね。






腰に装着できます。
見方によってはアイドルのスカートに見えないこともないと思います。
あるいは燕尾服ですね。






剣になったり銃器になったりします。
男なら誰でも一度は十得ナイフに手を出すと思いますが、
アレに似た感覚ですね。





・・・と、いうわけで、
駆け足でしたが新作キットの紹介を致しました。

人が作ったプラモデルを眺めるのも
意外と乙なもので、
そういう意味では模型仲間とかと
見せ合うのもわるくないかもしれませんね。

作ろう、プラモデルフレンド!
略してプラフレ!!





なおアストレイ系の新製品も絶賛ご予約受付中ですので、
お見逃しなく!!




以上、バンダイの
ガンダムアストレイ ブルーフレーム セカンドL (HG)」の
制作(?)レビューでした。



本日はこれにて!



担当:ハルサメ



▼コメントお返事▼

LEGEND BB 殺駆頭、組み立てました にて
>ポーズをもう少し頑張ってみてください

頂いたご意見を参考に、
今後はよりアクティブで見た目が格好いいポーズに
挑戦してみようと思います。
皆様からの意見があれば、ハルサメは進化できます。

何かお気づきの点があれば、どしどしコメントをお寄せくださいませ!
ユーザー評価
ユーザー評価
この記事の評価は4.64です。
現在11名がこの記事を評価しています。