トミーテック新製品説明会レポート 2016 夏 -その5-

ショッピング | ブログ |  サイトマップ 
鉄道模型
カピの塚
トミーテック新製品説明会レポート 2016 夏 -その5-

こんにちは、カピの塚です。
去る7月13日(水)に都内で開催されたTOMYTEC新製品説明会のレポートです。
本記事では、TOMYTECのジオラマコレクションシリーズ各種と、TOMIXのNゲージ鉄道模型および1/80スケール 16.5mmゲージ(16番)鉄道模型の発表を中心にご覧いただきます。


TOMYTEC ジオラマコレクション

■ 色々なシーンを再現できる、解体中のビル新登場。
各種商品との組み合わせで楽しみ方は無限大。

プレゼンテーション 解体中の建物
プレゼンテーション 解体中の建物
●建物コレクション 151 解体中の建物A (11月予定)
●建物コレクション 152 解体中の建物B (11月予定)
●ザ・人間 113 現場の人々 (11月予定)
建機や人形との組み合わせでさらに実感的に。
コンクリート片も付属。
内部のこだわりの再現!!
ホビージャパン誌にてゴジラとの組み合わせ記事が掲載されています。


ありそうでなかった解体中の建物が建物コレクションに登場です。
これまで建築中の建物や建設現場を再現するするアイテムがありましたが、これは意外。
「建機コレクション」や「現場の人々」と組み合わせて解体現場の再現がよろしいでしょう。
もちろん、ガンダムやマクロスといった大きなロボットや、ゴジラなどの巨大怪獣が登場する登場するSF作品の世界のジオラマなどにも転用可能かと思います。


■ 鉄道コレクション10周年企画第3弾
富井電鉄「猫屋線」開業!

プレゼンテーション
動力・走行化パーツは発売中の鉄道コレクション用各種を使用。
詳細は追って発表いたします。

■ 富井電鉄猫屋線ナローゲージ第一弾
プレゼンテーション
●ナローゲージ80 猫屋線キハ1・ホハフ50 旧塗装 (秋予定)
●ナローゲージ80 猫屋線キハ1・ホハフ50 新塗装 (秋予定)
気動車が小さな客車を牽引するスタイル。
旧塗装と新塗装では客車の窓の造作が異なります。



ナローゲージの鉄道とは日本においては軽便鉄道や特殊狭軌線などとも呼ばれる、線路幅・車体とも特に小さな規格で建設された鉄道のことです。一般的な在来線の鉄道も世界から見れば狭軌鉄道に分類されてしまうのですが、それよりも小さな規格の鉄道がかつては日本中に存在していました。道路網が今ほど普及していない時代は簡易的な鉄道を建設したほうが手っ取り早く輸送手段を確保できたこと、小さくてもよいので日本中に鉄道網を張り巡らせることが国力の強化に繋がること、などが各地に生まれた主な理由かと思います。

これらの軽便鉄道・特殊狭軌線は、線路幅を広げて一般的な在来線と規格を揃えたところもあれば、道路の普及に伴ってバスに代替されたところ、戦争中に不要不急路線とみなされて廃止されたところなど、多くは姿を消しました。現在でも特殊狭軌線として現役な鉄道としては、四日市あすなろう鉄道(内部・八王子線)、三岐鉄道(北勢線)、黒部渓谷鉄道くらいしか残っておりません。ちなみに、一般的な交通機関とは異なりますが、比較的新しい軽便鉄道・特殊狭軌線として一部で話題なのは東京ディズニーランドのウェスタンリバー鉄道と東京ディズニーシーのディズニーシー・エレクトリックレールウェイの2つのアトラクションです。

さて、小さな規格の鉄道であるが故にいろいろとアバウトなところも多く、細かい事を気にせず遊べるのがナローゲージ鉄道模型の世界です。車体は1/80~1/87スケールで作り、線路はNゲージ用を流用する、編成は1~3両編成程度が中心、ということで基本ルールだけ見ればお手軽に遊べる規格です。しかし、かつての路線の多さに比べて発売されている模型製品がさほど多くないことや、金属製の車体キットが中心であるなど、始めるにはちょっとハードルが高いのもまた事実でした。今回、TOMYTECの鉄道コレクションで1/80スケール、9mmゲージのナローゲージ製品が初登場するということで、ナローゲージファンの方にとっては大変注目の企画かと思います。


■ 鉄コレ今月の受注開始商品
プレゼンテーション
●鉄道コレクション 上田電鉄 6000系 「さなだどりーむ号」 (2両セット) (11月予定)
トミックスしなの鉄道115系や絶賛発売中の上田電鉄5250形との組み合わせで楽しめます。
●鉄道コレクション JR105系 桜井線・和歌山線 (W05編成・和歌山色) (2両セット) (12月予定)

●鉄道コレクション JR105系 可部線 (K13編成・広島色) (2両セット) (12月予定)
発売中の105系各種、広電各種、トミックス227系、特別なトワイライトエクスプレスなどで広島地区が楽しめます。


■ ご縁電車&ご縁バス しまねっこ号
プレゼンテーション
●鉄道コレクション 一畑電車 1000系 `ご縁電車` しまねっこ号II (2両セット) (11月予定)
●ザ・バスコレクション 一畑バス `ご縁バス`しまねっこ号 (11月予定)


■ 人気のガルパンバス、3号車2016年仕様登場
プレゼンテーション
●ザ・バスコレクション 茨城交通 ガールズ&パンツァーバス3号車 (2016) (11月予定)
ガルパンバス3号車の屋根が真っ白になりました!
ガールズ&パンツァー劇場版大ヒット上映中!この夏も大洗が熱いです!!
●全国バスコレクション [JB039] 茨城交通 (11月予定)
ひたちなか海浜鉄道との組み合わせで那珂湊駅での共演を再現。
●全国バスコレクション [JB040] JR九州バス (11月予定)


■ 手塚治虫氏、デビュー70周年記念、スタンプラリー開催中
プレゼンテーション
●ザ・バスコレクション 会津バス 手塚治虫漫画家デビュー70周年記念号 (11月予定)
※手塚治虫氏の「塚」の字は本来は旧字体ですが、機種依存文字のため環境により表示できない事態を考慮して新字体で代用しております。


■ 島根県で活躍、世界遺産に登録されている石見銀山へ繋がる石見交通をラインナップ
プレゼンテーション
●全国バスコレクション80 [JH015] 石見交通 (11月予定)


■ バスコレ第21(ミニバス第2)弾、ご期待ください
プレゼンテーション
待望の中型・小型バスを展開します。
第一弾情報解禁は、防長交通・JR九州バスです。
●ザ・バスコレクション 第21弾 (製品化決定)
詳しくは鉄道模型ショウ会場にて発表を行います。ご期待ください。

ブラインドパッケージ仕様のバスコレでミニバスが登場するのはかれこれ10年前に発売された「ザ・バスコレクション~ミニバス編~ Vol.1」以来でしょう。
久しぶりにミニバスがラインナップされるバスコレ第21弾ですが、写真のJR九州バスはいすゞジャーニーQです。
その他、どのような事業者・車種が登場するのかは、後日の「鉄道模型ショウ」での発表をお待ちください。


■ トラコレ第9弾
プレゼンテーション
●ザ・トラックコレクション 第9弾 (製品化決定)

詳しいことはわかりませんが、写真のような車両を中心にトラコレ第9弾が発表されました。
詳細な内容はこちらも「鉄道模型ショウ」にて発表されるそうです。


TOMIX 鉄道模型

■ THOMAS&FRIENDS × TOMIX
プレゼンテーション
トーマスの楽しい世界観を再現!
「きかんしゃトーマスシリーズ」リニューアル新発売!!
プレゼンテーション
●きかんしゃトーマス DXセット (冬予定)
●きかんしゃトーマス セット (冬予定)
●きかんしゃトーマス 車両セット (冬予定)
フライホイール付動力採用。
セット各種はミニカーブレールC140を採用。
※画像は旧製品です。


今でこそ「きかんしゃトーマス」はフルCGアニメとなりましたが、かつては鉄道模型を使った人形劇が放送されておりましたので、「きかんしゃトーマス」を見て鉄道模型に憧れた少年少女も多数いたことでしょう。TOMIXでは以前Nゲージのきかんしゃトーマスシリーズを展開しておりましたが、今回フライホイール付き動力を採用したリニューアル版を発売するとのことです。お楽しみに。

人気のフラグシップtrain
■ 1/80スケールで連接車を再現、人気のロマンスカー製品化決定!!
プレゼンテーション
●16番 小田急ロマンスカー50000形VSE (基本・5両セット) (12月予定)
●16番 小田急ロマンスカー50000形VSE (増結・5両セット) (12月予定)
基本セットは展望室部分に専用室内灯を組み込み済みです。
基本セットには車番・Odakyuブランドマークの転写シートが付属します。
●16番 【限定品】 小田急ロマンスカー50000形VSE (10両セット) (12月予定)
限定10両フル編成セットはワイパーおよび全車室内灯が取り付け済み。
また車番・Odakyuブランドマークは印刷済みとなります。


自分のお好みの車番にしたい方、Odakyuブランドマークの有無の変化を楽しみたい方、室内灯は自分で組み込みたい方は、通常版の基本・増結セットがおすすめです。
速やかにフル編成で揃えたい方、買ったらすぐに走らせて遊びたい方は、限定版のフル編成10両セットがおすすめです。


新幹線フルラインナップ
■ 話題のエヴァンゲリオンカラー、ご要望にお応えし発売決定!
プレゼンテーション
●【限定品】 JR 500-7000系 山陽新幹線 (500 Type Eva) セット (8両セット) (2017年1月予定)
一緒に楽しめるアイテム:N700系各種、800系、500-7000系など
アニメファンの皆様にもお勧めです。
フル編成での発売です。
実車はまだまだ走行いたします。

1号車の窓を塞ぐシールも付属とのことです。
また1号車の特色ある内装パーツは新規作成とし、コックピットシートや展示コーナーも再現されます。
これにともなって1号車のみ室内照明ユニットの取り付けは不可となります。
(1号車は窓が塞がれているため1号車のみ室内灯が点灯しない状態でもさほど違和感は無いかと思います。)


ご要望にお応えして
■ 6月19日(日)ラストラン。最後の485系国鉄色を再現します。
プレゼンテーション
●【限定品】 JR 485系 (仙台車両センターA1・A2編成) (6両セット) (12月予定)
一緒に楽しめるアイテム:E3-2000系、EH500形貨物列車、E233系、E231系、583系など

国鉄時代からのほぼオリジナルスタイルを保つ485系はこの編成が最後です。
ラストランの日は大変話題になりました。

近郊電車ラインナップ拡大
■ 広島地区の新型近郊電車227系、2両で楽しめる基本セットB新発売
プレゼンテーション
2両編成を再現。
●JR 227系 近郊電車基本セット B (基本・2両セット) (12月予定)
一緒に楽しめるアイテム:EF210形貨物列車、鉄道コレクション105系、鉄道コレクション広島電鉄、キハ40系など

227系を2両編成単独で走らせたいお客様の熱い要望にお応えしての製品化です。
これにより可部線での2両編成のほか、発売中の増結B 2両セットと組み合わせて2015年改正より設定された2両+2両の4両編成の運用も再現できるようになります。

●JR 227系 近郊電車基本セット (基本・3両セット) (12月再生産予定)
●JR 227系 近郊電車増結セット A (増結・3両セット) (12月再生産予定)
●JR 227系 近郊電車増結セット B (増結・2両セット) (12月再生産予定)
既に発売中の各セットも同時期再生産予定です。

227系は2両編成と3両編成がありますが、これを混雑状況に合わせて増結し2両編成から8両編成まで自由に編成が組めるのが特色ですから、模型でも実車に倣って様々な組み合わせで楽しみたいものですね。


復活!カシオペア
■ 2016年カシオペア紀行・カシオペアクルーズで運行中
プレゼンテーション
E26系客車6両セットにて発売します。
フル編成には< 92410 >増結セットBを組み合わせます。
●JR E26系 (カシオペア) (基本B・6両セット) (製品化決定)
●JR E26系 (カシオペア) (増結B・6両セット) (発売中)
一緒に楽しめるアイテム:E231系、E233系、EH500形貨物列車、キハ40系、キハ261系、キハ183系など


復活!カシオペア
■ 2016年カシオペアのけん引機も充実のラインナップ
プレゼンテーション
●JR EF81形電気機関車 (81号機・お召塗装) (製品化決定)
●JR EF81形電気機関車 (95号機・レインボー塗装B) (製品化決定)
●JR DF200-0形ディーゼル機関車 (製品化決定)
一緒に楽しめるアイテム:E26系カシオペア、ホキ800形、E231系、E233系、EH500形貨物列車、キハ40系など


「カシオペアクルーズ」「カシオペア紀行」の牽引をどの機関車が行うのか、運行のたびに話題になっております。
EF81-95は商品名に「B」と付いたのでリニューアル品と思われます。
EF81-81は通称“パイパイ”と呼ばれるですが、お召し指定時代の塗装を復元したことで話題になっています。
DF200-0は北海道で貨物列車の牽引にあたっている“レッドベア”ですが、TOMIXでは現行仕様が未発売でしたので待望の製品化となります。


快適な運転操作を求めて
■ 現在増加しているユニット構造のポイントを新設計で製品化します。
プレゼンテーション
プレゼンテーション
●Fine Track 電動合成まくら木ポイント PR541-15-SY (F) (秋予定)
●Fine Track 電動合成まくら木ポイント PL541-15-SY (F) (秋予定)
完全選択式を再現。
ダミーポイントモーターなど実感的な部品を付属。
Made in JAPAN (駆動ユニット除く)


近年、合成枕木を使用しているポイントが増えていますが、それに倣っての製品化です。
従来品とは単純に枕木の色が異なっているだけでなく、枕木の並び方も異なっていますので注目です。
PC枕木タイプのファイントラック、ワイドレールとの組み合わせが最適かと思います。


快適な運転操作を求めて
■ 新規ポイントを含む各種セット新発売
プレゼンテーション
●Fine Track マイプラン NR-PC (レールパターンA+B) (秋・冬予定)
●Fine Track レールセット 待避線セット (レールパターンB) (秋・冬予定)
●Fine Track ワイドレール 待避線駅セットII (レールパターンCB) (秋・冬予定)


先述の合成枕木ポイントを使用した新しいレールセットです。
列車交換のできる駅を設置する事ができます。

快適な運転操作を求めて
■ 鉄道で良く見る風景をお座敷運転で再現します。
プレゼンテーション
●ワイドレール用築堤セット (8月予定)
ワイドレールと組み合わせて使用します。
二段重ねでPC水平橋脚[10]と同じ高さとなります。
単線~複々線以上で使用可能です。

●ワイドレール用築堤延長部 (8月予定)
●築堤エンド部 (8月予定)
●築堤用橋脚 (8月予定)
●PC水平橋脚 P4-25 (5本セット) (8月予定)
こちらは延長や拡幅といった拡張に必要な部品類です。

「PC水平橋脚 P4-25 (5本セット)」は、「PC勾配橋脚 (10本1組)」に入っている[4]の橋脚が5本入ったセットです。
この製品が設定されたことからもお察しの通り、ワイドレール用築堤は一段で[4]の高さであることが分かりますね。


みんなのHappyを連結させよう
■ Model Railway World 40th Anniversary TOMIX Since 1976
プレゼンテーション
プレゼンテーション
つくろう・あそぼう・語りあおう
トミックスは、初心者の方でも楽しめる、本格的な鉄道模型の開発と製造を目指して1976年に誕生しました。
集めたり、走らせたり、ジオラマをつくったり、撮影したり。
100人いれば、100通りの遊び方!
それが鉄道模型をシステムで開発してきた・トミックスの魅力です。
あなたの知らない楽しみ方、他の誰かが知っているかも!
「好き!」「おもしろい!」「すごい!」と感じたらその気持ち、みんなと連結させてください。
「さらなる楽しさ」という名の新車両が、あなたの乗車を待っています。
そして、今後もさまざまな鉄道模型の楽しさを提案してまいります。



お陰様で40周年
■ ローカル線など全国で活躍したDD13形を40年の時を超えて新規製作します。
プレゼンテーション
●国鉄 DD13-300形ディーゼル機関車 (一般型) (冬予定)
●国鉄 DD13-600形ディーゼル機関車 (寒地型) (冬予定)
一緒に楽しめるアイテム:165系、2軸貨車各種、キハ10系、キハ55系など


お陰様で40周年
■ 蒸気機関車2機種目、各地で活躍するC11形・真岡鉄道を製品化します。
プレゼンテーション
●真岡鐵道 C11形蒸気機関車 (325号機) (冬予定)
●真岡鐵道 50系客車セット (冬予定)
50系客車セットでは、テールライトが点灯するオハ50形を新規製作します。


真岡鐵道のC11形は真岡線内でのSL列車の牽引だけでなく、東北方面でのイベント列車のため出張運転も行われています(例:MoriyaStudio S7054)。

真岡線のSL列車には50系客車が使われておりますが、オハ50+オハ50+オハフ50の3両となっています。
本来テールライトが付いているのは車掌室のあるオハフ50のみですが、真岡線の場合はオハ50も最後尾になるためテールライトが設置されています。
TOMIXでは“オハ50だけどテールライトが付いている”ちょっと珍しい形態のオハ50も今回新規製作するとのことです。



お知らせ

■ 2016年、トミックスは40周年をキーに、話題を提供してまいります!どうぞご期待ください。
プレゼンテーション
2016年夏・各イベントで、順次話題を拡大。
また、40周年記念日にあたる9月に開催のホビーショー内にて記念イベントを開催し、トミックスユーザーに向けて日頃の感謝と、更なる鉄道模型の魅力をホビーファンにもアピール、鉄道模型市場を盛り上げていく予定です。


■ TOMYTEC 参加イベントのご案内
プレゼンテーション
第38回 鉄道模型ショウ (松屋・銀座):7月27日~8月1日
鉄道模型コンテスト (東京ビッグサイト):8月6~7日
阪急鉄道模型展 (大阪・梅田阪急):8月10~15日
鉄道模型コンベンション (東京ビッグサイト):8月19~21日
全日本ホビーショー・トミックス40周年記念イベント (東京ビッグサイト):9月23~25日

夏は鉄道模型のイベントが目白押しです。上記のイベントにTOMYTECが出展しますので、お近くの方はぜひ足をお運びください。

※「TOMYTEC新製品説明会」は流通業者向けの説明会のため一般の方は入場できません。

担当:カピの塚@夏風邪には気を付けよう。



★バックナンバー★
トミーテック新製品説明会レポート 2016 夏 -その1-
トミーテック新製品説明会レポート 2016 夏 -その2-
トミーテック新製品説明会レポート 2016 夏 -その3-
トミーテック新製品説明会レポート 2016 夏 -その4-

ユーザー評価
ユーザー評価
この記事の評価は4.43です。
現在7名がこの記事を評価しています。  
カピの塚 の関連記事
第33回鉄道模型ショウ2011レポート【KATO編】
第17回 国際鉄道模型コンベンション 超簡易レポート
TOMIX(トミックス)の補修パーツのご案内
ストラクチャー温故知新! TOMIX「詰所」を切ってみた。