日本生まれの萌えキャラがスイスの鉄道会社で公式採用!その名は「のぞみ」

キャラグッズ
カピの塚
日本生まれの萌えキャラがスイスの鉄道会社で公式採用!その名は「のぞみ」

こんにちは、鉄道模型担当のカピの塚です。

皆さん、スイスの鉄道のマスコットキャラクターとして最近話題の「のぞみ」をご存知ですか?



「のぞみ」とは、氷河特急やベルニナエクスプレスなどで有名なスイスの私鉄、レーティッシュ鉄道の公式マスコットキャラクター。ベルニナ急行の車掌として乗務しています。

もともとはスイスで開催されたジャパン・カルチャー・イベントの鉄道マスコットでした。
スイスと日本で徐々に人気が集まり、このイベント後にレーティッシュ鉄道が公式マスコットとして採用しました。


デザインしたのはイラストレーターの俵太( @nekogamirin_c ) さん!




おそらくヨーロッパの鉄道では初めての萌えキャラの公式マスコットでしょう。
今ではスイスと日本の文化交流のシンボルとなりつつある存在といえます。



さて、スイスのキャラクターなのに名前が日本風なのが気になるところですね。

「のぞみ」の企画を立ち上げた“スイス大使”のラユン( @rayunch )さんによりますと、最近10年ほどはスイスへの日本人観光客が減少傾向にあり、これが一つの問題となっていたそうです。

特に若い人たちを中心にスイスをもっと知って、スイスを訪れて欲しい、という大きな願いを込めて日本語の「想い」「願い」「希望」といった意味を持つ「望み」と名付けたとのことでした。

とても深い意味がこの名前にはあるのですね。




駅には等身大パネルが設置されています。

レーティッシュ鉄道の車掌「のぞみ」の等身大パネルです。

レーティッシュ鉄道の車掌「のぞみ」の等身大パネルです。

ここで「のぞみ」等身大パネルの写真を収めている方のツイートを集めてみました。







ちなみに、レーティッシュ鉄道は日本の箱根登山鉄道姉妹鉄道の協定を結んでいますので、以前から日本との交流が行われている鉄道会社なのです。




そして遂に、「のぞみ」グッズとしてキーホルダーが作られました。






本来はレーティッシュ鉄道の駅でしか買えない「のぞみ」キーホルダーですが、日本ではホビーサーチでの限定販売が決定しました!
2017年11月発売予定で、ご予約受付中です。

スイス レーティッシュ鉄道「のぞみ」 キーホルダー ホビーサーチ流通限定


合わせて、Nゲージ車両セットをお買い求めのお客様にキーホルダーを無料でお付けする限定セットもご用意しております。

KATO製 レーティッシュ鉄道 <ベルニナ急行> (9両セット) ★レーティッシュ鉄道「のぞみ」キーホルダー付き ホビーサーチ流通限定セット

こちらは、「のぞみ」が乗務しているベルニナ急行の電車と客車の9両セットです。

KATO製 アルプスの機関車 Ge4/4-III + アルプスの赤い客車 EW-I (9両セット) ★レーティッシュ鉄道「のぞみ」キーホルダー付き ホビーサーチ流通限定セット

こちらは、レーティッシュ鉄道の機関車と客車の9両セットです。

キーホルダーを手にしたら「のぞみ」が働くレーティッシュ鉄道、そしてスイスにぜひ訪れてみてください。

アレグラ! スイス最大級の私鉄のレーティッシュ鉄道の車掌「のぞみ」です。

担当:カピの塚

★関連リンク★
⇒ そのほかのレーティッシュ鉄道のNゲージ鉄道模型を探す!
⇒ 姉妹鉄道の箱根登山鉄道のNゲージ鉄道模型も探す!

ユーザー評価
ユーザー評価
この記事の評価は3.6です。
現在10名がこの記事を評価しています。  
カピの塚 の関連記事
第32回鉄道模型ショウ2010レポート【MICRO ACE・国鉄編】
どんどん広がる小さな世界 ~ 第12回 国際鉄道模型コンベンションレポート (Zゲージメーカー編)
グッスマカフェに行ってきました!
横須賀色セレクション ~ 今日は鉄道の日 ~