サーチャ&ラメル
 

パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル)

新商品

商品詳細

メーカーAcademy(アカデミー)
スケール1/35
発売日 2020年1月中旬
参考価格 ¥4,180(税込)
代引前払価格 ¥3,344(税込)代引・銀行・コンビニ
通常価格 ¥3,971(税込)カード・後払い決済
取得ポイント 33ポイント(39ポイント)
JANコード 8809258926450
商品コード13523
お気に入りに追加する
登録数5
パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル)
ユーザーエリアへ移動(評価6名/投稿18件)
パッケージパンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) パッケージ1
その他の画像パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) その他の画像1パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) その他の画像2パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) その他の画像3パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) その他の画像4パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) その他の画像5パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) その他の画像6
中身パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 中身1パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 中身2パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 中身3パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 中身4パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 中身5パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 中身6
塗装パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 塗装1パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 塗装2パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 塗装3パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 塗装4パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 塗装5パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 塗装6パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 塗装7
設計図パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 設計図1パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 設計図2パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 設計図3パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 設計図4パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 設計図5パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 設計図6パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル) 設計図7もっと見る...

★こちらの商品は一世帯(同一住所)3点までとなります。

●ドイツ軍が1945年に配備を開始したパンター戦車G型 最後期生産型が登場します。
●製品は防盾や砲塔側面の擬装フック、各OVM等も精密なモールドで表現。
●5種のデカール、エッチングパーツが付属。履帯は分割連結方式です。
●全長 258mm/全高 87mm
※本製品は輸入品のため発売時期が予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。
●パッケージサイズ/重さ : 41.2 x 26.2 x 8.9 cm / 801g

【通販のご予約について】
予約商品の発売予定日は大幅に延期されることがございます。
人気商品は問屋への注文数がカットされることがあり、発送できない場合がございます。
販売価格や仕様等が変更される場合もございます。
詳しくは通信販売でのご予約購入についての注意をお読みください。

パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル)をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

IV号突撃砲 初期生産型 (プラモデル)
Academy(アカ...
1/35
¥3,344
ドイツ VI号戦車 B型 (vk36.01) (プラモデル)
Rye Field Mo...
1/35
¥5,896
イギリス シャーマンVC ファイアフライ (プラモデル)
Rye Field Mo...
1/35
¥6,424
K2戦車 `ブラックパンサー` (プラモデル)
Academy(アカ...
1/35
¥4,752
ドイツ IV号戦車 G型 (中/後期型) (プラモデル)
Border Model...
1/35
¥5,456
ヘッツァー軽駆逐戦車 後期生産型 (プラモデル)
Academy(アカ...
1/35
¥2,816
35(t) 軽戦車 (プラモデル)
Academy(アカ...
1/35
¥2,816
メルカバMk.4 `市街戦闘対応型` (プラモデル)
Academy(アカ...
1/35
¥4,224
ドイツ IV号戦車F2型(G初期型)スマートキット +ディテールアップパーツ付き (プラモデル)
DRAGON(...
1/35
スマートキット
¥8,800
WW.II ドイツ軍 IV号突撃砲 初期生産型 (ツィメリットコーティング有/無) +ディテールアップパーツ付き (プラモデル)
DRAGON(...
1/35
¥10,560
IV号突撃戦車 ブルムベア 中期生産型 (プラモデル)
Academy(アカ...
1/35
¥3,960
ユーザーエリア
パンター戦車G型 最後期生産型 (プラモデル)
ユーザー評価 ユーザー評価
この商品の評価は2.83です。
現在6名の方から評価を頂きました。

投稿画像・コメント

投稿一覧
投稿18件
1: 匿名: 2019/11/25 19:03:30 ID:1345fee2
最後部のサスアームが通常の転輪用なので、一番後ろの転輪に鋼製転輪を選ぶと直径が足りず見本のように転輪が浮いてしまう。通常の転輪を使うなら安価で「それなり」の出来。
2: 匿名: 2019/11/26 3:03:50 ID:5345a18b
一枚だけスチールホイールってのも何か貧乏臭く見える。ま、ジオラマで使うならそんな事言ってられないけど。中身気になる。フルインテリア仕様か内臓抜きのがらんどうか?
3: 匿名: 2019/11/26 9:20:07 ID:2f94ac06
>2
内蔵は無し、日本国外では発売済みなんで調べりゃ一発よ。
https://academy.co.kr/1aden/product/01_plastic_model/02_armor/35/13523_Panther_G/13523_ins.pdf
まぁ、価格からして内蔵有りの価格じゃないわな。
4: 匿名: 2019/11/26 20:55:57 ID:7d24067a
>2
貧乏臭いも何も、パンターG型最後期で一番後ろの転輪だけ鋼製転輪ってのは一定台数製造されてるから仕方なし。
5: 匿名: 2019/11/29 9:07:36 ID:2f94ac06
最後部の転輪だけ鋼製転輪にしたのは、誘導輪の直径が大きくなったせいで最後部の転輪との隙間が小さくなって泥詰まりしやすくなったことへの対策だと、どこかで読んだ記憶が有ります。
6: ミー: 2019/12/19 15:00:04 ID:80d4c30a
>4
3枚目の写真は貴重で、下が平らな所なのでゴムタイヤ転輪とスチールリム転輪の大きさが比較できます。
同じ直径のようにも見えるし、ちょっと小さいのかなとも?
皆さんどう思いますか?
7: 匿名: 2020/01/06 10:37:03 ID:2f94ac06
パンターの鋼製転輪はティーガー系列の物を流用した事が確認されてるので、ゴム縁転輪(直径860mm)より小さい(直径800mm)のは確定事項です。
8: ミー: 2020/01/15 12:36:46 ID:80d4c30a
>7
そういうことになっていますが、写真を見ると同じ大きさのようにも見えるのでご意見を伺ってみました。
>パンターの鋼製転輪はティーガー系列の物を流用した事が確認されてるので
パットンのパンターIIの転輪のことでしょうか?
パンターGに使われていたスチールリム転輪は残っていないので、厳密な意味での検証はなされていません。
まぁ、すっかり同じデザインで大きさの違うものがあったとは考えにくいですが。
9: 匿名: 2020/01/16 16:43:09 ID:9c48d150
直径というか輪郭で見ると同じにも見えるけど、定規当てたらハブの中心は通常転輪より下にあるからやっぱり小さいんだろうなと思います。
でもすっかり同じデザインで大きさの違うヘッツァーという前科があるからドイツは怖いですよねw
10: 匿名: 2020/01/16 17:49:26 ID:2f94ac06
>9
38(t)とヘッツァーの転輪の話なら、あれを設計デザインしたのはチェコでドイツじゃないですよ。
11: 9: 2020/01/17 0:30:03 ID:8394b663
>10
ヘッツァーの設計当時はそこドイツだったんですけどダメですかね?(戦後型は除く)
Sd.Kfz.9(18tハーフトラック)とかシュタイアのRSOはしれっとドイツじゃないですかw
12: 匿名: 2020/01/17 11:05:24 ID:2f94ac06
>11
ドイツ側から設計仕様提示してるならドイツ製って言えるでしょうけど、ヘッツァーは元々ドイツ側から3突を生産代行してくれって言われたのに対して、うちの工場じゃそんな重いの造れませんけどこんな軽突撃砲なら造れますよって、チェコ側から逆提案されたものだからねぇ。
38(t)はドイツ併合前から設計生産してたし、両方とも主導権はガッツリとチェコ側だよねぇ。
13: 匿名: 2020/01/17 11:20:20 ID:2f94ac06
RSOはドイツ戦車委員会が設計仕様を提示して、シュタイヤー(オーストリア)とシュコダ(チェコ)の2社が競作してシュタイヤー製が採用されたからドイツ製って言って良いんじゃない?
14: 匿名: 2020/01/17 14:29:09 ID:8394b663
ならヘッツァーのもとになった38(t)n.A.はII号強化型として設計仕様をドイツが提示してるからドイツ製ということに…?
いや、やめよう。関係なくなってきたし。俺が悪かったよ。チェコ製でいいよ。
15: 匿名: 2020/01/17 20:24:29 ID:9142249b
CKD社はドイツに接収された上で、BMM社に改組、ドイツ企業となったわけだから
ヘッツァーもドイツ設計では?
でもJagdpanzer38(t)であってチェコ製であることは揺るがないかな。
16: 匿名: 2020/01/23 16:12:53 ID:80d4c30a
>9
確かに中心は少し下がっています。
そうなるとサスペンションアームの取り付け方も違っているのでしょうね?

17: 匿名: 2020/01/23 21:40:44 ID:8cee84d2
>16
サスペンションアームはそのままで鋼製転輪を取り付けてるんじゃ・・
最後部の鋼製転輪の直径が他のノーマル転輪の径より小さければこういう位置関係になるんじゃないの?知らんケド

18: 匿名: 2020/01/25 9:57:56 ID:80d4c30a
>7
>確定事項です。
そう決めつけないほうがいいですよ。
昔はタイガー1もタイガー2も砲塔側面の形状は左右対称形と考えられていた。
ポルシェタイガーだって実戦には使われなかったことになっていた。
確定事項がひっくり返った例はいくらでもあります。
この写真見て直径860mmと直径800mmほどの差があるようには思えない。
新事実が出てくるかも?

投稿18件
[ 投稿フォーム ]
画像1
画像2
画像3
ニックネーム
コメント
※関連性のある投稿をしてください。
※画像は最大5MB以内、jpg画像で投稿してください。
※営利、広告目的とした内容は投稿できません。(同業ショップの話題もNGです)
※「画像」のみ「コメント」のみでも投稿可能です。
投稿規約