世界最大の自走車両・露天掘り掘削機!

ショッピング | ブログ |  サイトマップ 
プラモデル
トメ子
世界最大の自走車両・露天掘り掘削機!
ごきげんよう、トメ子です。
ワンフェスには行かなかったのかって?
ハハハ。そんな若さ、残ってません……。


個人的に興味深いのはライジンオー@Dスタイルと
ウテナ@50cmドールでしょうか。
前者はバクリュウオーとの超無敵合体まで再現できると完璧ですね。
後者はシリーズ化するとしたら、アンシーまででしょうか。ううむ。
(個人的には瑠果先輩が好きなんですけれども…後、ゲテモノ枠で西園寺。)


閑話休題。
先日、とっても素敵な珍キットが予約開始となりましたので
ご紹介しましょう、そうしましょう。


●露天掘り掘削機
窓の外見て、こんなん動いてたらビビる


どぅーん(擬態語)。

シューティングゲームのボス敵みたいですね。

商品名こそ「?」ですが、
正式にはバケットホイール・エクスカベータと呼ばれるものです。
実はエクスカベータは複数台存在し、幾つかバージョンがあるのですが、
画像からではどのバージョンか、ちょっと判別つきませんでした。


どんな動き方をするか、と言うと。
写真左下に見える回転式ホイールでひたすらゴリゴリ削ります。
で、削られた鉱石は腕に仕込まれたベルトコンベアでせっせと運ばれていきます。
ホイール以外の腕は……バランス取り用でしょうか。

構造自体はシンプルですが、
全長240メートルという大きさがクレイジーです。
地球丸ごと削りそうですね。


以下、エクスカベータのちょっとした豆知識を。


1、建造開始から完成まで5年前後かかった。
そのうちサグラダ・ファミリアよろしく、
稼働しながら修理するとかやりそうですね。

2、総工費130億円程度
宝くじ何回当てれば買えるのでしょうか。

3、1人では操縦できず、5人の操縦士が必要。
戦隊モノの巨大メカみたいです。

4、24時間フル稼働。中にトイレや台所まで完備。
肩パッドの似合う世紀末になったら、この中で暮らしつつ
荒野でヒャッハーしてみたいものです。

5、全長240メートル。
校庭のトラック一周分以上ですね。
トイレもご飯も遠すぎる……。

6、移動速度は分速10メートル。
移動できるだけ凄いと言うべきでしょうか。
これにより、じりじりと掘り進むことが可能です。

中でも旧東ドイツ製の「バーガ293」という機体は、
世界最大の自走車両としてギネスにも登録されているそうです。

画像は一枚しか用意できませんでしたが、
Google先生で検索すればいくつか実機の写真が見られると思います。

情報が少ない為、肝心のキット詳細まで触れることができず、
大変申し訳御座いません。
が、マニアな機械に心惹かれる方々には力いっぱいオススメできる一品です。


そんなこんなで短めですが、本日はこれにて!
来週もホビーサーチをよろしくお願いします。



担当:トメ子@外から帰宅して猫に近寄るとイヤな顔をされる。臭いとでも言うのか!?

















---こっそりコメント返し---

「ニッパー考」より

>甥がよく遊びに来てはプラモデルを持参してくるのですが、
>あいにく我が家には爪切りしかなく…
>ニッパー買ってあげようとここよく見させて頂いてました。
>こういうマイナー?な道具の記事はありがたいです!

>べ、、別に嬉しくて☆5付けてるんじゃないんだからね!( ´ ▽ ` )

コメントありがとうございます!
ツンデレさん、大歓迎です。

甥御さんのお年頃や作るプラモデルにもよりますが、
~2000円前後のガンプラ、ダンボール戦機、ミニ四駆等でしたら
タミヤさんのモデラーズニッパーは十分かつ長く使える一本としてオススメです。
ゲート跡の慣らし等、各種工作用にカッターorナイフ類も用意できればモアベターです。
(極端な話、100均のニッパーでも上記のキットはやさしいので、そこそこ綺麗にできます)

戦車や車等のスケールモデル製作や、各種改造・工作・塗装に拘るなら、
ゲート処理をはじめ、細かい作業を要する場合も多いので、
ご紹介しました薄刃ニッパー類が活躍します。


何はともあれ、甥御さんの模型ライフにちょっとでも貢献できれば幸いです(´∀` )
ユーザー評価
ユーザー評価
この記事の評価は5です。
現在12名がこの記事を評価しています。  
トメ子 の関連記事
大海原の小船って、実はものっそい怖いのではあるまいか
宮沢模型展示会レポ、その1
第52回静岡ホビーショーレポート -アオシマ編-
タミヤの10式を作ろう! -その2-