トイレを作ろう!その1。

ショッピング | ブログ |  サイトマップ 
プラモデル
トメ子
トイレを作ろう!その1。
ごきげんよう、実年齢は目も当てられませんが
心は3歳児のトメ子です。\(^o^)/


昨日、話題のキットが入荷致しましたので、
これからトイレ祭りを開催します。わっしょいしょーい。


●俺たちの1/12洋式便所
和式便所にも期待


家庭に一つ、洋式便所。

トイレでも、お手洗いでも、化粧室でもなく、
「便所」と称するところに男気を感じます。

べ ん じ ょ 。

実は上から覗けるトイレってあまり無いような

完成すれば1/12スケールの可動フィギュアと絡めてアレコレ遊べる素敵なアイテム。
サンプルで使われているのは女の子素体ですが、
別に男子トイレでも大丈夫です。ウホッ。


塗装抜きでも雰囲気あります
塗装する時、タイルの溝はどうしよう…マスキングかしらん
壁もよいですが、扉もちょっと欲しかった。
接着の際はメッキ部分を削りましょう

早速開封。
白一色のシンプルなランナーや壁用の板パーツ(裏表2枚を貼りあわせます)、
排水管用のメッキパーツ等が御座います。


公衆便所もしくは学校のトイレを彷彿とします
張り紙類は自作しても楽しそうです

他、床用のタイル風台紙と各種シールも付属します。
シールの解像度が粗めな点はちょっと惜しいかもしれません。
(以前作ったインプレッサのデカールはとても綺麗だったのですが)

それでは早速トイレ製造を開始しましょう。


排水口と便器の底
ああ、トイレ作ってるんだなぁと思うパーツたち
接着部分がやや目立つので、やすりがけした後で塗装しても良さそう
リアルなS字管

塗装苦手という人のため、無塗装でもちゃんと組み上がる素敵仕様。
もちろん、塗装すればもっともっとトイレらしくなります。
とは言え、接着剤は必要なのでご留意下さい。


マイルストンさんとアオシマさんの情熱に乾杯

設計・製造はアオシマさんということで、安心の作りやすさです。
あれよあれよという間に便器が出来ていきます。


基本的に作ってて楽しいキットですが
お値段がやや高いのが惜しいところです
1/12スケールキットはまだまだ未開拓の分野なので致し方ありませんが

内部構造まで再現しているとは……
アオシマさん、恐ろしい子!!


後でスイッチ部分のシールを貼りましょう。

ウォシュレット部分もサクサク完成。これに…


これらは接着しないでOK
便座やフタを取り付けます。


閉
女性用(何)
男性用(何)

もちろん、しっかり可動します。


トイレブラシやスッポン(?)もあれば幸せになれるのですが

小物類も手抜かりありません。
トイレットペーパーのフタはシルバーに塗装すると雰囲気が出そうですね。

トイレットペーパーの補充分があると夢が広がりそうです。
各社様から出ているプラ材類で作れると思いますが。


概ね完成

給水管はメッキ仕様。接着部分のメッキは削っておきましょう。
ちなみに、左右どちら向きでも取り付けられます。

もう少し大きいスケールなら、
ハンドル部分にボールジョイントを仕込んで可動させられそうなのですが、
1/12は流石に厳しそうです…。


最後に。
内部構造がちゃんと出来ているんだぜ、という動画を一つ。



判り辛くて恐縮ですが、最初は便器の中に水が入っております。
底の穴を塞ぐ指をずらすことで、排水しました!という動画です。

(す、すみません。
解説しないと判らない動画って、我ながらどうかとは思うのですが……('A`))


何はともあれ、楽しく作れるキットです。
明日は男子便所を作りますので、お楽しみに!?


そんなこんなで本日はこれにて!
明日もホビーサーチをよろしくお願いします。


担当:トメ子@地面に落ちたかりんとうって、アレですよね。アレ。
ユーザー評価
ユーザー評価
この記事の評価は5です。
現在15名がこの記事を評価しています。  
トメ子 の関連記事
海の軍事を学んでみるでござるの巻
なのはさんは
宮沢模型展示会 2014春に行ってきました。 【その3】
今日の珍プラ