サーチャ&ラメル
 

ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル)

商品詳細

メーカータミヤ
スケール1/35
シリーズミリタリーコレクション
発売日 2019年10月下旬
参考価格 ¥4,620(税込)
代引前払価格 ¥3,696(税込)代引・銀行・コンビニ
通常価格 ¥4,389(税込)カード・後払い決済
取得ポイント 36ポイント(43ポイント)
JANコード 4950344324132
商品コード32413
お気に入りに追加する
登録数4
ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル)
ユーザーエリアへ移動(評価5名/投稿29件)
パッケージドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) パッケージ1
商品画像ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 商品画像1
その他の画像ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) その他の画像1ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) その他の画像2ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) その他の画像3ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) その他の画像4ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) その他の画像5ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) その他の画像6ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) その他の画像7
中身ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 中身1ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 中身2ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 中身3
解説ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 解説1
塗装ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 塗装1ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 塗装2ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 塗装3
設計図ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 設計図1ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 設計図2ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 設計図3ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 設計図4ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 設計図5ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 設計図6ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 設計図7もっと見る...
英語解説ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル) 英語解説1
商品シリーズ

★こちらの商品は一世帯(同一住所)3点までとなります。

●フランス軍の4輪装甲車AMD35をドイツ軍が接収し、タイヤを鉄輪に改修して運用したのが鉄道装甲車P204(f)です。
●平面で構成されたリベット接合式の武骨なスタイルを実感豊かにモデル化。
●鉄道用車輪や大型フレームアンテナもリアルに再現。
●鉄道レールは2区画分(全長約400mm)を用意。
●人形2体、デカール2種類もセット。
●全長=145mm
※装甲車とレールのパーツはICM社製です。
※写真はキットを組み立て、塗装したものです。
●パッケージサイズ/重さ : 38.5 x 24.6 x 6 cm / 485g

【通販のご予約について】
予約商品の発売予定日は大幅に延期されることがございます。
人気商品は問屋への注文数がカットされることがあり、発送できない場合がございます。
販売価格や仕様等が変更される場合もございます。
詳しくは通信販売でのご予約購入についての注意をお読みください。

ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル)をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

白箱 M551 シェリダン (ベトナム戦争) (プラモデル)
タミヤ
1/35
1/35 ミリタリ...
¥3,256
ドイツ歩兵セット (大戦中期) (プラモデル)
タミヤ
1/35
1/35 ミリタリ...
¥1,408
ドイツ 軽戦車 38(t) E/F型 (プラモデル)
タミヤ
1/35
1/35 ミリタリ...
¥2,640
アメリカ 対空自走砲 M42ダスター (人形3体付き) (プラモデル)
タミヤ
1/35
1/35 ミリタリ...
¥2,816
フランス軽戦車 R35 (プラモデル)
タミヤ
1/35
1/35 ミリタリ...
¥2,310
ドイツ戦車 パンターD型 (プラモデル)
タミヤ
1/48
1/48 ミリタリ...
¥2,024
ドイツ 3.5トントラック AHN・3.7cm対空機関砲37型セット (プラモデル)
タミヤ
1/35
ミリタリーコレ...
¥3,520
WW.II ドイツ軍 ティーガーI 初期生産型 ハリコフの戦い (プラモデル)
DRAGON(...
1/35
スマートキット
¥6,435
ドイツ Sd.Kfz.251/1 Ausf.A 装甲兵員輸送車 (プラモデル)
Revell(ドイツ...
1/35
¥4,042
ドック (船渠) (プラモデル)
ピットロード
1/700
スカイウェーブ...
¥1,815
Sd.Kfz.2 クライネス・ケッテンクラート (プラモデル)
Das Werk(ダ...
1/35
¥2,805
ユーザーエリア
ドイツ 鉄道装甲車 P204(f) (プラモデル)
ユーザー評価 ユーザー評価
この商品の評価は4.4です。
現在5名の方から評価を頂きました。

投稿画像・コメント

投稿一覧
投稿29件
1: 匿名: 2019/08/27 17:43:54 ID:e17f1ac9
ICM?
2: 匿名: 2019/08/27 20:18:40 ID:7d24067a
>1
そうみたいですよ。
https://www.scalemates.com/kits/tamiya-32413-p204-f--1236590
3: 匿名: 2019/08/29 1:15:28 ID:e17f1ac9
>2
ありがとうございました!
4: 匿名: 2019/10/01 19:31:23 ID:7d24067a
マップケース下げた搭乗員っぽい方の人形、顔が何とかの巨人みたいな顔してる?
https://www.1999.co.jp/image/10636091/30/6#
5: 匿名: 2019/10/22 12:17:07 ID:e3b08bf6
昔ドラゴンから出していたフレームアンテナ付きタイヤタイプが欲しいんですが出ないですね。リーズナブルなのはいいですね。
6: 匿名: 2019/10/31 13:11:32 ID:2f94ac06
ヘルメットの塗装指示色が、またRLMグレイ(XF22)になってる。
改定版のヴェスペやマーダーⅢM辺りからそうなってる感じだけど、これが最新考証なんかしら?
7: 匿名: 2019/10/31 17:19:45 ID:35ef1e61
>6
一般的にはヘルメットは1940年3月の通達で塗色がフィールドグレイからブラックグリーンに変わったので、1935年型と1940年型の一部がフィールドグレイ塗装ということになってます。ただし、この戦前色(?)のフィールドグレイは褪色しやすかったのか、経年によってどんどん黄色っぽくなるため、おそらく本キットの塗装例の1943年当時はXF22(RLMグレイ)に近い色になってたということではないかと。補足しておくとXF22も本当のRLMグレイ(RLM02グレイ)の色ではありません(ヨーロッパのモデラーの間ではRLM02グレイはXF22とXF49とXF2を1:1:2の比率で混色するということになっているようです)。
あくまで公式なヘルメットの塗色は「フィールドグレイ」と「ブラックグリーン」だけです。
8: 匿名: 2019/10/31 18:23:50 ID:c0faa6ae
「だけ」ではなく、極初期にはアプフェルグリュンもある
9: 匿名: 2019/11/01 14:56:56 ID:2f94ac06
>7
普通にブラックグリーン(XF-27)塗っときゃ良いやって思ってました。
「XF22とXF49とXF2を1:1:2」だと結構明るい茶色がかったグレーになりますね。
10: 匿名: 2019/11/01 16:41:02 ID:35ef1e61
>8
近年(2010年代)では、実はアプフェルグリュン(アップルグリーン)という色は存在せず、アメリカのコレクターが所蔵するヘルメットのフェルトグラウ(フィールドグレイ)が長年の経年変化によって黄色味が強くなってしまったものを、そのコレクターがフェルトグラウとは別の色だと主張していたという説が有力視されています。
11: 匿名: 2019/11/01 20:26:26 ID:51925145
ふむふむ。
ならばブラックグリーンなる色も存在せず
実際はRAL7018シーファーグラウじゃないですか?

ちなみに、なぜXF22が指定されているのかタミヤの担当者に質問したことがあります。
「実物を参考にした結果」と言ってました。
12: 匿名: 2019/11/03 18:37:53 ID:7d24067a
「実物を参考にした結果」ってこたぁXF22説はやっぱり新考証ってことじゃないですか。
13: 匿名: 2019/11/05 11:38:52 ID:2f94ac06
>11
ヘルメット色のブラックグリーンは有る模様。
http://steiner.web.fc2.com/uni/h/h08/h08.html
14: 匿名: 2019/11/05 16:18:11 ID:35ef1e61
>11
その「実物」の色が経年変化で青味が抜けて黄色味が強くなったフィールドグレイであり、その「実物」を所有しているアメリカのコレクターが「これは褪色したフィールドグレイではなく、アップルグリーンという別の色なのだ」と主張しているということです。
15: 匿名: 2019/11/05 16:36:11 ID:35ef1e61
>11
ついでに言うと「いま現在の実物の色」は「80数年前に塗られて4~5年間野外で使用されていた色」と必ずしも同じではありません。タミヤの担当氏もこの「罠」にはまってしまったのかもしれません。
ヘルメットの経年褪色は他のコレクターも確認していることから、ちょっと議論になったりしていたようです。>13さんも出されているsteinerさんのブログに、何年か前にこのヘルメットの色をめぐる議論の経緯が触れられていました。
もっとも塗色については「現場で臨機応変に対処してよい」という通達があるようなので、補修した際に塗り直したりと、必ずしも新品当初の色ではないと考える方が自然かもしれません。個人的には、実物コレクターではなくモデラーの視点からすれば色に厳密である必要はさらさら無く、「こんな感じ」でいいのではないかと思いますが…。
16: 匿名: 2019/11/05 18:36:04 ID:51925145
うん、だから、あなたは
「これは褪色したシーファーグラウではなく、ブラックグリーンという別の色なのだ」と主張しているですよね?

モデラーの視点からすれば色に厳密である必要はさらさら無く、「こんな感じ」でいいのではないかと思いますが。
↑これは大賛成です
17: 匿名: 2019/11/05 18:43:56 ID:51925145
1940年3月の通達で塗色がRAL6006からRAL7018に変わったわけで、
管見ではありますが、ヴェーアマハト・ヘーアが採用した塗装色にシュヴァルツグリュン(ブラックグリーン)は見つからなかったです。
18: 匿名: 2019/11/06 12:42:25 ID:5293b734
俺もリアルカラーに目を通してみたけど、ブラックグリーンはやっぱりないね
19: 匿名: 2019/11/06 17:35:35 ID:35ef1e61
面倒なので当時の議論の際の画像。RAL6006の後に採用されたRAL7018(ペイント缶のフタの色)でさえ10年経過するとこういう色(ヘルメットの塗色)になるということらしいです。でも逆に言えば「塗ってから2~3年程度(戦時中)ならグリーン方向に振れた発色にならなかったんじゃないの?」という話が議論の発端。
20: 匿名: 2019/11/06 18:35:04 ID:35ef1e61
19(続き)
何か話が変な方向に行ったので、全面的に土下座して謝罪します。「正式にはRAL6006と、その後に採用されたRAL7018しか存在しません。ブラックグリーンなんて色も存在しません」 これでOK?

で、新品の塗装から3~6年、すなわち戦争中の範囲では「RAL6006は経年黄変すると、いわゆるアップルグリーンのような色になるのではないか」、「RAL7018は経年黄変すると、いわゆるブラックグリーンのような色になるのではないか」というのが、現状でのヨーロッパ勢の落としどころ。

ここからは個人の意見。
「戦争中には、たぶんXF22のような色にはならない。ただし現地での塗り直しなどは比較的自由に認められていたので、手近な塗料で塗り直した結果、XF22のようないろになった物もあったことは否定できない」

以上。

21: 匿名: 2019/11/06 18:54:08 ID:51925145
謝ってほしい人はいないのでは?
私自身はブラックグリーンの存在が気になっただけの純粋な知識欲です。
まだまだ知識浅なので、また会ったら色々教えて下さい
22: 匿名: 2019/11/06 19:03:11 ID:51925145
あと、RALのカラーチャート持ってますが、
6006(現名称グレイオリーブ)も7018(現名称ブルーグレー)も10年以上経過して新品時とほとんど変わらないです。(大事に保管してるから当然か)
スチールに塗装して戦場で使用したらそのような退色をするんでしょうね
23: 匿名: 2019/11/06 22:45:36 ID:7d24067a
詳しい方々がお揃いの様なので教えてください。
結局「RAL7018」って今現在の日本で入手可能な模型用塗料だと、何処のメーカの何色が近いんでしょうか?
25: 匿名: 2019/11/07 18:37:15 ID:35ef1e61
>23
性懲りもなく出てきました。
RAL7018は現在では絶版で、RAL7031になったそうです。
一応、ヨーロッパのミリタリー関連サイトや掲示板などではRAL7031は下記のカラーが近似色とされていました。
タミヤ XF54 ダークシーグレー
グンゼ 37 グレー75 または 75 ダークシーグレー
ハンブロール 27 マットシーグレー
26: 匿名: 2019/11/07 18:57:35 ID:5dfb8a5d
なんだか零戦飴色騒動みたいな話
27: 匿名: 2019/11/07 22:01:56 ID:7d24067a
>25
情報多謝です、参考にします。
28: 匿名: 2019/11/08 9:31:14 ID:6130d166
好きな色に塗りなさい。指定の色というものはあくまで参考であって、同じ色でも見る人によって色は変わってきます。当時の色を覚えてる人なんてこの世に誰もいないのですから。
29: 匿名: 2019/11/08 9:43:51 ID:ad364f07
「実物がどんな色だったのか、自分の目で確かめたい」という欲求は
あって当然だと思います。
実物の色を知った上で、自分流の色に塗れば良いわけで。
30: 匿名: 2019/11/08 10:03:58 ID:bd710751
「オリジナルの塗料の色味」を知った上で、そこからスケールエフェクトや経年退色とかを考慮した上で実際に塗装に使う色を決めていますねぇ。
だから知識として知っておくのは損じゃないけど、それをそのまま塗る事はまず無いです。
大体似たような色の塗料を瓶生で塗って、ウォッシングとかやって調整ってのが定番ですし
投稿29件
[ 投稿フォーム ]
画像1
画像2
画像3
ニックネーム
コメント
※関連性のある投稿をしてください。
※画像は最大5MB以内、jpg画像で投稿してください。
※営利、広告目的とした内容は投稿できません。(同業ショップの話題もNGです)
※「画像」のみ「コメント」のみでも投稿可能です。
投稿規約 
ご購入用
商品名 取消
小計(税込)
ご予約用
商品名 取消
小計(税込)