サーチャ&ラメル
 

ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル)

商品詳細

メーカーFTF
スケール1/72
発売予定日 9月以降再販(2022/7/30予約開始)
参考価格 ¥2,860(税込)
代引前払価格 ¥2,145(税込)代引・銀行・コンビニ
通常価格 ¥2,574(税込)カード・後払い決済
取得ポイント 21ポイント(25ポイント)
JANコード 4544032799311
商品コードPF72078
お気に入りに追加する
登録数5
ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル)
ユーザーエリアへ移動(評価3名/投稿7件)
パッケージポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル) パッケージ1
その他の画像ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル) その他の画像1ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル) その他の画像2ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル) その他の画像3ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル) その他の画像4ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル) その他の画像5ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル) その他の画像6
設計図ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル) 設計図1

★こちらの商品は一世帯(同一住所)3点までとなります。

【関連商品のご案内】
1/72 ポ・ルノーR35軽戦車・後期型 (FTF)

●第一次大戦のルノーFT軽戦車の近代化として開発された軽戦車です。
●最大40mmの装甲を持っていましたが速度は20kmで主砲には対戦車能力は無く、また乗員2名では操作が困難など多くの問題を持っていましたが各国では有効な装備として見られていました。
●ポーランドでは100両が購入契約され第一陣の50両が司令部直轄の21戦車大隊に配備されました。
●1939年戦役では大部分が訓練中で一部が独立中隊に配備された他、ソ連侵攻でルーマニアに脱出するなどで大勢には影響しませんでした。

●実車及びポーランド戦の小冊子付き(ポーランド語)写真も豊富ですので読めなくても楽しめます。
●パッケージサイズ/重さ : 19.3 x 13.5 x 3.4 cm / 93g

【通販のご予約について】
予約商品の発売予定日は大幅に延期されることがございます。
人気商品は問屋への注文数がカットされることがあり、発送できない場合がございます。
販売価格や仕様等が変更される場合もございます。
詳しくは通信販売でのご予約購入についての注意をお読みください。

ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル)をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

ソビエト中戦車 T34E/T34-76 (2in1) (プラモデル)
Border Model...
1/35
¥6,072
シービクセン FAW 2 70周年記念 (プラモデル)
Revell(ドイツ...
1/72
¥4,048
ウイングキットコレクション VS14 (10個セット) (食玩) (プラモデル)
F-TOYS(エフ...
1/144
ウイングキット...
¥6,061
WC (野営トイレ) (プラモデル)
ICM(アイシー...
1/35
¥2,552
M4A1 シャーマン (プラモデル)
Revell(ドイツ...
1/72
¥2,200
航空自衛隊 F-4EJ改 `第8飛行隊` (プラモデル)
ファインモール...
1/72
1/72 スケール ...
¥3,432
ユーザーエリア
ポ・ルノーR35軽戦車 (プラモデル)
ユーザー評価 ユーザー評価
この商品の評価は3.67です。
現在3名の方から評価を頂きました。

投稿画像・コメント

投稿一覧
投稿7件
1: 匿名: 2020/11/01 17:52:27 ID:b2215f4e
ポーランド軍のR35軽戦車は、
敵(独軍、ソ連軍)とは交戦していないらしいですね。
交戦せず、隣国の友好国ルーマニアに脱出。
枢軸側になったルーマニアは、R35を押収して自軍で使用したんでしょうな。
ルーマニア軍に、ソ連BT戦車から取り外した45mm戦車砲をR35に移植したモデルもある。
2: 匿名: 2020/11/03 13:52:17 ID:b2215f4e
検索したら、ポーランドR35
5台だけ実戦に参加してた。
戦果は、独戦車1台撃破、2台戦闘不能にさせている。
損害は、独軍に1台撃破され、ソ連軍にも1台撃破されている。
あとの3台は、損傷、メンテナンスの問題で自軍で破壊処分している。
3: 匿名: 2020/11/03 13:58:33 ID:b2215f4e
ウィキより転載

ポ R35戦車独立中隊、9月戦役時に編成されたポーランド第二共和国の陸軍戦車中隊である。

概要
中隊は、1939年9月14日から15日にかけてキヴェルツェにて、第12装甲大隊とワルシャワから撤退してきた第1予備装甲兵科本部の残存兵力から編成された。中隊指揮官には、半中隊の名の由来となるユゼフ・ヤクボヴィチ陸軍中尉が就任した。

中隊の装備としては、第12装甲大隊の保有した4 輛のルノー R35戦車のうちの2 輛と、装甲部隊技術調査室(BBT Br.Panc)の保有した3 輛のR35とオチキス H35戦車がリストに載っている[3]。ウツクから来た残りの2 輛のR35は、使用に耐えない状態であった。これらの戦車から2 小隊が編成された。乗員は、モドリン要塞の装甲兵科技術センターの士官学校生徒に割り当てられた。その上、4 輛の乗用車と5 輛の貨物自動車、散水車から改造した燃料タンク車を1 輛、加えて3 輛のオートバイを装備する技術管理分隊が組織された。
4: 匿名: 2020/11/03 14:02:59 ID:b2215f4e
9月16日、中隊はステファン・シュチュシェミェンスキ陸軍少将率いる「ドゥブノ」戦闘団へ編入された。9月17日から19日にかけて、中隊はホロフフからラヂェフフを経由してブスクへ移動した。9月19日、槍騎兵部隊とともにクラスネ付近でウクライナ民族主義者を掃討した。翌日には、森の近くで赤軍機甲部隊と交戦した。その戦闘の中で、1 輛の戦車が破壊され、乗員が戦死した。別の戦車は部品の消耗と交換部品の不足のため、焼却された。

9月22日には、中隊はナチス・ドイツ軍によって攻め落とされたポルスキェ・ワヌィ近くの丘で、「クラクフ」大隊射撃中隊の攻撃を支援した。その日、カミョンカ・ストルミウォヴァではドイツ軍の攻撃を撃退した。戦闘の中で、部隊は第40軽砲連隊第4砲兵中隊を救出し、敵戦車1 輛を撃破、2 輛を無力化した。一方、自軍は戦車1 輛を喪失した。

5: 匿名: 2020/11/03 14:04:21 ID:b2215f4e
9月23日には、中隊は「ドゥブノ」戦闘団砲兵隊のモスティ・ヴィェルキェへの大移動を援護した。モスティから部隊はベウス、ウフノヴォ、ティショフツェを通ってグラブフまで移動した。グラブフでは、最後から2番目の戦車を放棄せざるを得なかった。翌日、最後の戦車も故障し、放棄を余儀なくされた。9月29日、フィリプフカにて中隊は解散した[4]。

構成員
中隊長 - ユゼフ・ヤクボヴィチ陸軍中尉、防衛部隊第1装甲兵科出身
指揮官代行 - ヴィクトル・ルィフテル予備技術中尉
小隊長 - ミェチスワフ・スタロルィピンスキ予備技術少尉
小隊長 - ズビグニェフ・ピャセツキ軍曹勤務士官候補生
戦車車長 - ヴィトルト・ピェトラシェフスキ軍曹勤務士官候補生
戦車車長 - イェジ・ブブレウィ軍曹勤務士官候補生(9月22日戦死)
戦車操縦手 - ヴィェスワフ・ロフン軍曹勤務士官候補生(9月22日負傷)
戦車車長 - S・グウォヴァツキ軍曹
技術管理分隊長 - 不明
6: 匿名: 2020/11/03 14:10:11 ID:b2215f4e
保有戦車
9月20日、赤軍によって破壊。
9月20日、赤軍との戦闘後、乗員によって焼却処分。
9月22日、ドイツ軍によって破壊。
9月24日、乗員によって焼却処分。
9月25日、乗員によって破壊。

以上

小説、コミック、アニメネタに使える内容でございました。
アニメだと、これ位の内容が丁度よかろうかと思います。
7: 匿名: 2020/11/06 19:29:40 ID:24f63bc5
このメーカーってポーランド戦終わったらどうすんだろ?
個人的にはIBG・WaW・FtFの3ブランドでフランス戦と初期アフリカ戦のAFVをどんどんリリースしてくれたらうれしいぞ
投稿7件
[ 投稿フォーム ]
画像1
画像2
画像3
ニックネーム
コメント
※関連性のある投稿をしてください。
※画像は最大5MB以内、jpg画像で投稿してください。
※営利、広告目的とした内容は投稿できません。(同業ショップの話題もNGです)
※「画像」のみ「コメント」のみでも投稿可能です。
投稿規約