取り回しよし!MP5クルツハイサイクル、入荷しました。

ショッピング | ブログ |  サイトマップ 
その他
トメ子
取り回しよし!MP5クルツハイサイクル、入荷しました。
脳内外務省:正月は親戚の子供にお年玉を供出しなくてはなりません。
脳内厚生労働省:精神衛生向上の為、Vitaか3DSの購入を要求します。
脳内文部科学省:エアブラシと塗装ブースの設置を希望します。
脳内財務省:貯金?あるわけねぇだろ、んなもん。


脳内防衛省:「MP5 クルツ」が発売されました。予算編成をお願いします。


……という脳内議会が連日繰り広げられているトメ子です、ごきげんよう。

各脳内省庁が仁義なきバトルロイヤルを繰り広げる中、
今日は防衛省オススメのこちらをご紹介しましょう。



●MP5 クルツ HC
これとHK416D、どっちにしようか迷う



秋のホビーショーでも発表されておりましたが、
MP5の最小モデル、MP5K(クルツ)が登場です。


ごっついライフルもよいのですが


ギリギリまで切り詰められた本体。
インドアでのゲームに最適です。


これの二挺持ちでバリバリ撃ちまくりたい


今回は内部エンジンがハイサイクル化されているとの事で
小型ながら大火力が期待されます。
(ハイサイクルの連射性に関してはPS90 HCの動画をご覧下さい。)


マガジンだけでご飯3杯いける


今回は220連発のダブルショートマガジンが付属。
見た目はとってもハードボイルド。すこぶる私好みです。


小さいくせに見た目凶悪


9mmパラ弾使用なので、マガジン幅は拳銃と似たようなものですが、
奥行きの迫力がとっても素敵。
ドラムマガジンも捨てがたいのですが、これはこれでかっこ良いですね。


扱いやすいので初心者や女性にもおすすめです


マガジンの形状もありますが、銃口側から見るととても無骨な絵になります。


剛性を気にする人は改造が必要かも


難点としては、唯一のレイルが樹脂製ということでしょうか。
レイルが一本のみ、というのも人によっては物足りないかもしれません。
ダットサイト一本載せて終了となる方も多そうです。

カスタムすればレイルの材質も本数も問題ないのですが、
自己責任での工作が必要となります……ぎぎぎ。


とは言え、ハイサイクルなら無改造でも十分遊べます


ガバスはフォアグリップが物足りない、等と申しておりましたが、
私はあまり気にならなかったり。
体格のよい殿方ですと、却って小型すぎるのかもしれません。


樹脂パーツが多めなのは価格を抑える為ですが、
剛性は劣るにせよ、軽さと扱いやすさはメリットにも成り得ます。

正直、サブマシンガンで命中精度を気にするのもアレかなと思ったりして。
(一発一発しっかり撃つならライフルを推奨します)


何はともあれ、
トリガーハッピーな淑女の皆様には全力でオススメさせて頂きます。


そんなこんなで本日は


●MP5 クルツ HC
サンタさん、はやくきてくれー



のご紹介でした!
来週もホビーサーチをよろしくお願いします。



担当:トメ子@中二病と殺伐感を満たせるエンターテインメント募集中




















***こっそりコメント返し***

「第3回社内ガンプラコンテスト」が開催されました。より

>ガンプラコンテスト拝見しました。

>とみのんさんと、トメ子さんは、
>きっと変な物を作っているんだろうなあと思って見たら、
>変な物を作っていて嬉しかったです。

>ヤックルの牧歌的な角の造形と、
>こだまのお尻の、キレのある造形との対比が素晴らしいですね。

>トメ子さんの作品は、
>キャトルミューティレーションのジオラマではないのですね?
>トメ子さんの作品なので、
>油断した牛をさらっていく情景なのかなあと、思ってしまいました。

ぼくはうしだよー。
なかよくくさをたべてるだけデ、
ともだチをさらッたリシないョ……ガガッ…ピーガガガガ(何)

(トメ子@牛丼うまい より:

コメントありがとうございます!

油断した瞬間、あのマニュピレーターが牛をつまみ上げて
真っ暗な宇宙へ連れ去ってしまう……なんて、怖い話はありません。


みんな仲良く草をもぐもぐして暮らしていますよ。


……きっと。)


>マリオネットが参加しておる… トメ子さん相変わらず素晴らしいセンスw

コメントありがとうございます!
マリオネットだなんて、気のせいです。

あれはちょっとへんなちゃんとしたうしです……たぶん。
ユーザー評価
ユーザー評価
この記事の評価は5です。
現在10名がこの記事を評価しています。  
トメ子 の関連記事
リヤカー+自転車+エンジン=?
メディコムさんのUDFシリーズに新作が登場です。
メルカバ30%OFFのお知らせ。
アオシマ製機動戦闘車、配備開始