コップのフチ子さんをエポパテを使ってイメチェンさせてみたよ

ショッピング | ブログ |  サイトマップ 
その他
とみのん
コップのフチ子さんをエポパテを使ってイメチェンさせてみたよ
面白いガチャガチャを見かけると回してしまうとみのんです、こんにちは。



最近回したのは折りたたみパイプ椅子とペダルが回る一輪車と、
巷で人気のコップのフチ子さん。

可愛いですね、フチ子さん。
まどか☆マギカとコラボしてたフチ子さんも可愛いかったなぁ。
自分の好きなキャラともコラボして欲しいけど、出ないだろうなぁ。


しょうがない。自分で作るか。






というわけで、ド素人だけどコップのフチ子さんフィギュアを改造して、
他のキャラクターに変身させてみたいと思います~。




使用する素材はこちら。

Mr.造型用エポキシパテ エポパPRO-H (高密度タイプ)


2種類の素材(主剤と硬化剤)を同量混ぜ合わせると、化学反応を起こして硬化を始めるパテ。
触り心地は粘土みたいに柔らかく、
硬化するとプラスチックのように固くなります。

ラッカーパテと違って、硬化前にだいたいの形を成型できるし、
匂いもあまりしないので愛用しております~(`・ω・´)b


プラモデルにもPVCにもしっかりくいついてくれるので、
フィギュアの髪の毛の一部だけ改造してみたいなーとか、
プラモの頭に角を付けてみたいなーなんていう用途にも使えてとても便利なのです。
デメリットはちょっとお値段が高いところでしょうか。







こちらはイメチェンしていただくフチ子さん達。


エポパテは硬化に1~3時間程かかりますので、
複数体ローテーションで作業して、硬化待ち時間を有効に使うと良いです~。




フチ子さんの髪、袖、スカーフなど、いらない部分を
デザインナイフで削ぎ落とし、エポパテを盛ります。
顔や手など、パテで汚したくない部分はセロテープやマスキングをしておくのがベター。

エポパテの食いつきが悪いなーと感じたら、
表面をヤスリで削ったりしてざらつかせると食いつきがよくなります。
(エポパテを使用する時、私は直接手で触れていますが、
肌の荒れやすい方は手袋をした方が良いかもしれません。)





エポキシパテは粘土よりもネバつきがあります。
それだけ接着性があるということなのですが、
練り途中や盛り付け中に、手にくっついてしまってうまく造型できず、
上画像のように表面がボサボサになってしまうことも・・・。



そんな時に便利なのがメンソレータム!

ひび・あかぎれなんかに効くあのメンタム。
うすーく指先に塗って作業するとベタつきが軽減するのですよ~!
私はスティックタイプを使用してます~。




こちらはメンタムを塗って表面を撫でた方のフチ子さん。
先ほどの画像よりも滑らかになっているのがわかるかとおもいます。


ただ、メンソレータムは離型剤の役目もありまして。
たくさん塗布してしまうと、その上からエポパテを盛ろうとしても
うまく乗らずに剥がれてしまいますので注意が必要です。




硬化後は切削ができます。
切削しすぎたり、厚みが物足りないと感じたら追加でパテを盛ります。


適量を乗せーの、



メンタム(または水)を少量塗った爪楊枝でくる~っと押し付けーの、




均しーの。
爪楊枝は顎下のように指の入らない狭い場所にもしっかり届いて便利です。




同時進行で進めていたフチ風さん。

半硬化(若干弾力のある状態)した時にスカートのヒダなど、
細かい所にモールドを入れておくと後の作業が楽になります。
半硬化時ならやり直しもできますし。





連装砲ちゃん的な何かも一緒に制作。
高密度なエポパテなので、連装砲ちゃんの砲塔部分のように
細いパーツを作るのにもエポパテが使えます♪

先に砲塔部分をころころと転がして作って、
硬化後にボディと合体させると形が崩れませぬ。

ヒレはメンタムを塗ったコップにエポパテを押し付けて作ります。





やすりで下地の処理をしたら塗装へ。


本当は隠蔽力の高いラッカー系の塗料で塗装した方が良い(らしい)のですが、
他の塗料だったらどうなるのかな、という実験的な意味で
アクリル絵の具で塗ってみました。
(うすめ液の匂いが苦手という理由もありますが・・・。)




水分少なめにしていたからか、弾いたりすることもなく塗装出来ました。
ただ、明るい色(特にホワイト)は下地をガッツリ反映してしまいました。
厚塗りでごまかしてますが、凹凸やキズがあるとそのまま残っちゃう感じ。
サーフェイサーを吹いたりしてもっと綺麗にしとくべきだったZE・・・orz


と、反省点が多々ありますがその辺りは次回に生かすということで。
仕上げにクリアー(つや消し)を吹いて完成させちゃいます。



画像は修復中のフチ風さんと連フチ砲ちゃん!




連装砲ちゃんチャームと一緒に♪


灰色・クリームもホワイト同様、下地のキズが残っちゃいました。
磨き作業は丁寧にやらないといけませんね・・・(´・ω:;.:...




同じようにアクリル絵の具で花京院フチ明!





手頃な空き瓶がなかったので、
フチカ大佐に顔面キックをお見舞いする映画冒頭のフチータ(笑)



というわけで、Mr.造型用エポキシパテ エポパPRO-H (高密度タイプ)
使用したフチ子さんのイメチェン方法のご紹介でした。



ではまた次回~!


担当:とみのん (´-`).。oO(フィギュアスケートの選手同士みんな仲良くて和みますね)







(っ・ω・)っ<エポパテを使用した工作関連リンク
【我を助けよ】タミヤのエポキシ樹脂で飛行石を作ろう【光よよみがえれ】
1/1スケールプラキット「ギョーザ」を焼くよ!
ユーザー評価
ユーザー評価
この記事の評価は4.91です。
現在65名がこの記事を評価しています。  
とみのん の関連記事
太陽は友達!ソラえもん号がリニューアル!
30年の足跡をたどる!ガンダムSUPER EXPO2010レポート【その3】
ねんどろいど 鹿目まどか レビュー!!
『となりのトトロ』の冒頭のお引越しシーンがジオラマ化!